新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
・4眼カメラスマホのデザインが急上昇し、イメージセンサーが2020年に上位50億ユニットに
・4眼カメラスマホの普及率は、世界のスマホ出荷のほぼ20%に達した
・スマホ向けのCMOS イメージセンサーの販売量は過去10年間で8倍に増加し、2019年には45億ユニットを超えた。
・中国のスマホブランドOPPO、Xiaomi、Huawei、Samsungは、4眼カメラのセットアップを採用する最前線にあり、2020年第1四半期の4眼およびペンタカメラベースのスマホの出荷全体の83%を占める。

・あとRealmeというブランドについて急成長しているという。2018年設立の若い会社。
平均で3.5個は多いですね。トリプルレンズは当たり前なのか。
増えたイメージセンサーの供給元、シェアが気になる。

カメラが多ければ良いって訳ではないけど、各社とも個々のレンズに役割を持たせ、様々な場面で最良を実現していく傾向にある。モバイルの制約がある中では、技術的にも多眼がベストなのかもしれない。

カメラに関連して、AppleはLiDAR、GoogleはSoliレーダーを搭載して、カメラ機能の強化・補完して、より高いレベルで空間を認識しようとしている。
多眼化の次の動きとして、センサー類の増加があると思います。コスト低減のために、カメラを減らす(増やさない)事も考えられる。