[北京/東京 10日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は10日、中国の電気自動車(EV)向け電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)の約1%の株式を取得したと発表した。新エネルギー車用バッテリーの共同開発を進めるとしている。

発表文によると、CATLはホンダ向けに電気⾃動⾞を中心とした新エネルギー⾞向けバッテリーを供給し、2022年をめどに中国生産モデル用に供給を開始する予定。将来的にはグローバルでの展開も視野に入れているという。

両社はまたバッテリーリサイクルとリユースについても協議するとしている。