新着Pick
1524Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに先日、「性的同意」をメインテーマにした「新性教育 セクシャルマインドセットをバージョンアップ」というイベントを行いました!
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2020/022065.html

性的同意はセックスに限らずキスなども含まれます。
いわゆる「紅茶の動画」がわかりやすい(上記記事にリンク)。
家に入ったから紅茶を飲みたいと限らない、紅茶を入れている途中に飲みたくなくなることもある、前に飲んだからと言って今日飲みたいとは限らない。酩酊している人は紅茶を飲みたくない。寝ている人も紅茶を飲みたくない。
と、紅茶と性的同意をリンクさせ説明しています。

ニコニコしたり、ノリのよいLINEが返ってきているのに本心ではない事も、セクハラには多いため、現代における恋愛や性的な関係は、かなりハイコンテキストな行為なのかもしれません。鈴木涼美さんが、アメリカは「oh yes」だけど、日本は「いやん」「ダメよ」文化で、男性もこの方が燃えるから女性も合わしてしまっており、より読み取りづらいと。

相手に合わせて「…うん」みたいな事や、下ネタだってビジネスの為に、ノリ良く付き合う事ありますので、
立場が違えばより「積極的性的同意」が必要に。
ちなみに、恋人間、夫婦間も同様です。

セクハラを含め、性に関するマインドセットが変わってきたと思いつつも、中々向き合って来なかった今こそ考える時ですね。ちなみに、パワハラも、同様。
自分の思っていた関係性と相手の思っていた事の乖離も色んな問題に共通しています。
まず、こういう特集が組まれること自体に産婦人科医として感動。
セクハラ問題をただ報道するだけでなく、

ここまで深堀りして、問題提起と情報提供を、
しかも経済界で活躍するユーザーさんが多い媒体で取り上げるというのはとても有意義と思います。

『一刻も早い「正しい」性教育の導入が待たれる』
『すでに大人になってしまった人々に対しては、企業による教育や、メディアからの情報提供が重要』

これは全くもってその通り。

だれも、セクハラの告発は、できればしたくないと思います。
自分がそういうことを受けた、と知られるのも嫌ですし、
思い出したくもないですし。

なので、厳罰化よりも、やはり根本的には、セクハラや性的被害が起きないようにしていかないと。

セクハラや性的同意というのはクリアカットにはしにくい問題なので、

・知識の教育
・自尊心と相手の立場をくむ想像力
・経験

のどれもが重要。

たとえ少しずつでも、日本の歪んだ認識を変えていきたいですね。
取材の一部に同席しました。私自身、「性的同意」について、知っているつもりで理解が浅かったところもあり、勉強になりました。相手との関係が対等であるかどうか、は重要なポイントだと思います。
相次ぐセクハラ事件の内容を見ると、加害者がそこを理解していないケースが多いと感じるからです。

セクハラが被害者の心身に与えるダメージは深刻です。仕事をやめざるを得なくなることもあります。
そこまで至らなくても、日常的にセクハラ的な言動を我慢したり、必死で回避したり、下ネタに笑顔で付き合ったり…という、本来仕事の場では不要なはずの努力で気持ちをすり減らしている女性もたくさんいます。(もちろん、男性が被害者になるケースもありますが、今の男性優位の日本社会では、被害者の多くは女性だという現実があります)

そんな社会は変えていきたいですね。また、声をあげた被害者の人権が何より尊重され、再起し活躍できる環境が整った社会であってほしいと願います。
アメリカでダイバーシティの議論、そしてBLMの運動を目の当たりしていても、痛感させられるのは、自分と相手の立場の違い(この記事で「対等か」と表現されている部分)をきちんと知ろうとする想像力から、すべての一歩が始まるということです。
セクハラは、大きく2種類に分けられます。

第一が「地位利用型セクハラ」で、上下関係があることから相手が拒否できない状況で性的な行為をするもの。

第二が「環境破壊型セクハラ」で、職場内で性的な言動やポルノ写真を開くなど、性的不快感をもたらすもの。

同意の有無はとても難しい問題で、刑事事実認定の分野でも、強制性交罪(かつての強姦罪)で「合意」があったか否かについて多数の判例が集積されて研究されています。

その中でも重視されるのが、事後の両者の言動です。

被害を受けた後に、普通に連絡を取り合っていたりすると「同意」があったと見做されることが多いです。

通報等することなく相手と通常に接していて、「1ヶ月前に強制性交の被害を受けた」と告訴しても、「同意」があったと認定されることがほとんどです。

被害に遭ったときは、できるだけ早急にしかるべき所に相談しましょう。
職場であればセクハラ部署などがあります。

また、上下関係があると「同意」とは言えないというのはいささか極論です。
職場内の不倫の多くは(間接的であっても)上下関係であることが多いです。

とはいえ、状況証拠の積み上げでセクハラと認定される可能性が高いので、君子危うきに近寄らずが賢明でしょう。
記事内の日本の性交経験率の低さは驚きました。

ところで、セクハラはどこからがアウトなのかというタイトルに対しての回答は「相手が不快に思ったら」が正しいと思います。それは性的同意以前の問題で、より注意が必要。
記事でかかれているのはセクハラのなかでも(強制的な)性交渉に関するものですが、セクハラには以下のようなものもある。失脚したり失うものの大きさはものによって違うでしょうが。

たとえば
・○○ちゃんとちゃん付けで呼ぶ
・下の名前で呼ぶ
→あなたにそんな呼ばれ方をしたくないと思われたらアウト

職場内で、男性同士で性的な話をする
→アウトになる可能性が高いと思った方が安全

たぶん、「○○さん、美人だなあ」みたいな話を男性同士でするのも、良くない。聞こえた女性が不快に思う可能性がある。(本人だったとしても、本人じゃなかったとしても)

ある女性が疲れているといった
→ある男性が「肩でも揉んでやろうか」と言った
→女性は「えっ!マジですか!お願いします!」と言った
→同意の上で肩を揉んだが、周囲で見ていた同僚が不快に思って通報
みたいなケースもある。

って書きながら思いましたが、上で書いている男性や女性は、逆の場合などもあり得るわけです。

それにしても性的交渉における同意というやつも、ムズいっすよねー
一回でも判断ミスをすると人生が終わるというリスク、答えのない問題。
このことをNewsPicksが、冷静にコンテンツ作ったこと自体をリスペクトしたいです。

お金のことについてもですが、性についても、堂々と教育に盛り込んで欲しいと考えています。
空気の中で阿吽の呼吸が日本の文化というのは、大事な民族性だとは思いますが、少なくとも会社、ビジネスの文脈では、グローバル化も含めた多様化が進んだ現在において、阿吽の呼吸は、完全に通じない、むしろそれを許すべきではないということを前提に向き合いたいと考えてます。
暗黙の了解、忖度、阿吽の呼吸、空気読む、文化だから
浮かび上がっているセクハラの件数以上に日本はあるだろう。
日本の性教育をアップデートさせないといけない。
私はどう娘や息子に教えるべきかいまだに分からない。
暗黙の合意も、社内構造や発注受託者関係など、そのヒエラルキーがあるからを理解しなくてはいけない。行為を強要しようとする人は、そこへの関心が希薄な人が多いのも事実。だからこそ、こうした明確なコンプライ違反をする人材は、仕事ができるから聞かなかったことにしようとする企業組織の変革も必要だと思います。
人への教育、そして組織体制。
この連載について
2020年になってもなお、セクハラの報道は絶えない。その背景には、性的同意への無理解や「性」に対する根強い固定観念がある。性的同意を徹底的に理解し、ビジネスパーソンとして必要不可欠なアップデートをしよう。
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績

株式会社ストライプインターナショナル(英称:STRIPE INTERNATIONAL INC.)は、アパレル(衣料品)の製造・販売を展開する日本の会社(SPA)である。 ウィキペディア