新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どういう顧客が、どういう理由で、シャープの化粧品を買うという想定なのだろうか?

化粧品といっても、色々な種類があるし、売り方も色々。ブランドは重要だが、百貨店なのかドラッグストアなのか、トレンドなのか機能を訴求した基礎化粧品なのか、など。
富士フイルムは10年以上かけてやっている。フィルムで培ったコラーゲン技術と量産技術など一定のロジックはあるが、それでも売上としては500億円もいかないのではないか。アスタリフトが販売数年で100億円突破という情報くらいしかない、連結売上2.3兆円なので500億円でも2%ほど。日本だと資生堂が1.1兆円、コーセーや花王(化粧品セグメント)が3000億円、ポーラ・オルビスが2000億円という世界。
国内だけでなく海外も見据えて化粧品進出。

マスクで話題になっていましたが、どんどん参入していきますね。
新商品楽しみです。
3月に台北で街中のスーパーで思い付いて買って来た小皺対策クリームが、意外にも良かったです。
→もっと買ってくれば良かったと後悔しています

台湾の化粧品のレベルは、随分上がっていますね。
シートマスクは有名ですが、韓国、タイ、シンガポール辺りから良いどこ取りをしている感じです。

と言うことで、シャープの化粧品にも興味あり❣️
シャープはマスクに続いて、化粧品のネット販売事業に参入する方針を明らかにしました。本件も新型コロナウイルスがきっかけだろうと想像しますが、各企業の新たな事業展開が増えていますね。
マスクの次化粧品、とにかくサバイブ。
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,204 億円

業績