[ソウル 9日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局(KCDC)は9日、国内で実施した3000件以上の新型コロナウイルス検査のうち中和抗体反応を示したのは1件のみだったことを明らかにした。市中での感染拡大がないことを示しているという。

新型ウイルス感染拡大当初、韓国の状況は中国以外で最も深刻だったが、徹底した検査と社会的距離を取る施策により、厳格なロックダウン(都市封鎖)なしに封じ込めに成功した例とされている。

KCDCによると、国内で4月21日から6月19日までに全国で1555件実施された検査で検出された抗体反応はなく、これとは別に5月下旬にソウルで実施された1500件の検査では1人が中和抗体反応を示した。

同様の検査で抗体反応が示されたのは、東京で0.1%、ロンドンで17%、スペインは5%となっている。