新着Pick
786Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3-5月期においてInditex(ZARA)の-44.3%とH&Mの-50.1%に比べてファーストリテイリング(ユニクロ)の減収幅が-39.4%と低いのは理由が3つあると考えます。

・郊外型店舗が多く営業自粛店舗率が低い
・トレンドアイテムより定番アイテムが多い
・アプリ、LINE連携が他社より進んでいてEC強い

ZARAやH&Mの主力製品はトレンドアイテムのため商圏が狭い(郊外過ぎると出せない)ですが、その点はユニクロ優位です。ユニクロが世界一のアパレル企業になるのも時間の問題でしょう。
週半分以上を在宅で過ごすようになり、服は表面的な見栄えよりも着用時の着心地を大切にするようになった。新たに服を買うより、タンスに眠っている服を着る機会が増えた。まぁzoomとかだと実際会った時に見えてたトータルコーディネートや素材の質感まで見えてないから、極端な話をいえば会社に来ていけなくなった服でも許されてる感はありますね。
ファッション 関連は厳しいですよね。

エアマスクは売り切れ多発でしたが、与える影響は少なそう。
これからどんな消費になるのか気になります。
ファストファッションの場合、店舗数や人件費が売り上げに連動していれば、本記事のように売り上げの推移が業績に影響を及ぼします。

もっとも単純な比較と言えるでしょう。

同じアパレルでも、高額商品の場合はまったく異なってきます。

ブルックスブラザーズのように単品の価格が高いと、売上減少はブランド力の弱体化につながります。

たとえて言えば、それまではブルックスブラザーズのシャツを着ていた人が価格が数分の一のユニクロのシャツに変更する。
このような事態が生じてしまうと、ブランド価値が大きく毀損してしまいます。

個人的には、「それなりのブランド」を着ている方が精神的にもハリがでるし、一流の相手や場所にも臆することがなくなると考えています。

一張羅は持っておいて損はないということです(笑)
NP編集ももうちょっと考えて書いて欲しいね。ファーストリの下方修正が3度目なのは事実だが、パンデミックの中、会社は一定の想定を置いてそれに基づく会社計画を公表している。会社側は計画を公表する義務などないが、市場との円滑な対話を促すために公表していて、状況次第で上も下もあり得ると4月から言っている。それを「3度目」と殊更強調するような報道姿勢は会社側の対話意欲を失わせる、自己満足以外に価値のないセンセーショナリズム。

InditexとH&Mとの比較で言えば、売上が40%減か50%減かは目クソ鼻クソの世界だが、あえて言うなら地域ミックスが一番大きいかと。ユニクロは日本と中国を中心としたアジア中心。InditexとH&Mは欧州が中心。アジアの方が相対的にコロナダメージがマシ
-40%前後の売上減は確かに厳しいですが、全店休業せざるを得なかった企業よりはマシですし、新しい生活様式でもファストファッション系衣料の需要はそんなに変わらない(これがスーツやシャツだと大変ですが)と思うので、一時的な減という見方をすべきかと思います。

ECについても、新しい需要を拡大したというよりは、元々ユニクロを買いたかった人がECで買った、という話ではないでしょうか。これを機に少しはEC化が進むでしょうが、従来からプラスアルファの施策がないと習慣化はしないと見ています。
ファッション領域でいうと、圧倒的にフォーマルウェアを着る機会が減りましたよね。
これらのメーカー・企業より、スーツブランドやハイブランドなどの方がよりインパクトがありそう。

結婚式やパーティーがなくなり、イベントごとで人前に出る機会が減り。
訪問アポイントが減り、会食が減り、、、。

そういえばヒールを履く機会も大きく減りました。気付くと歩きやすい靴ばかりを履いています。
米国では第2波によって店舗を再閉鎖するところも出ています。日本国内はともかくも、グローバルに展開している企業にとってはまだ試練がつづきます。秋冬の高単価商品の売れ行きに期待しましょう。
アパレル大手の決算が出揃いました。Inditex(ZARA)-44.3%、H&Mの-50.1%、ファーストリテイリング(ユニクロ)の-39.4%。各社かなり厳しい。ただEC化率が激増してるのと、6月は+26%まで巻き返してるので、第二波が酷くならない限り大丈夫そう
今は新型コロナウイルスの影響が直接影響しているのでどこもあまりかわりませんが、治まってきた時にIT投資をしていたかどうかで違いが大きく出ると思います。
ファーストリテイリングさんはセルフレジやオンラインショッピングなどで、頭一つリードしています。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.25 兆円

業績

業績

業績