新着Pick
261Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相互理解のために、"聞く"は欠かせない。単に話を聞いていれば良いのではなく、理解を深めるために、相手に"関心"、"興味"を持つことが求められると思う。それが無いと、問い掛ける"訊く"が出来ないですからね…。両方の"キク"を使い熟せるようになりたいですね。
人を説得する力より、人の話を聞く力が求められるリーダーの方が多いと思います。「聞く」には、「相手の話を聞く」という“話の内容面”と、「相手の気持ち(感情)を聞くという“心理面”がある、というのはまさにその通り、それらを続けることで心理的安全性が担保されていくのではないかと思っています。
ぜひ多くの人に読んでもらいたい。
無意識に聞くのではなく、相手のことに興味を持ち理解するための努力が必要。 リーダーとフォロワーの間だけでなく、全ての状況に共通に必要なこと。

信頼関係を損なう「自分本意な聞き方」は、逆効果で、かえって聞かないほうがいい。
相互理解&共感が大切。

部下はリーダーの言うことを聞くもんだという思い込みをなくす。

部下の話を聞き、理解し、共感する。そして共通認識をつくる。そうすれば、信頼関係も築け、素晴らしいチームになります。

当たり前のことですが、つい忘れてしまうこと。あらためて聞く力を認識しましょう。
「聞くだけ」でも不十分、「言うだけ」だともっとダメ...つまり、バランスの良さが一番大事だと思います。

あとは「相互に理解しようとする意思と信頼関係」がベースにないと、どんなテクニックを駆使しても効果はないと思います。

テクニックに走る前に、お互いに相手を信頼できる関係の構築が第一ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
聞くのが大事なのは仰る通りですが、全てを聞けないので、

他のこと考えてるのに絶妙にうなずく力とかが大事だと思ってます。
上司と部下の関係には聞く、つまり歩み寄る姿勢が大切かと思っています。