新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アデュカヌマブは、アルツハイマー病の発症に関与するとされるアミロイドβに働きかける抗体製剤です。コロナウイルスで「抗体」という言葉が知れ渡るようになりましたが、抗体は感染症だけでなく、こんなところでも活用されています。

申請の背景となったEMERGE試験で示された結果は、最高用量のアデュカヌマブを投与していたケースで、投与開始78週後に、認知機能の低下を2割ほど遅くしていたというものでした。また、それ以外の用量では有意な差が見られませんでした。

想定される薬価を考えると、この示された効果が十分高いものとは言えず、副作用の懸念もあるため、すんなり承認ではなく、追試が課される可能性があるのではないかと思います。

なお、自分の記事で恐縮ですが、アデュカヌマブ申請までの経緯については、オリジナル記事にまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

https://newspicks.com/news/4539937/
こちらの記事はアデュカヌマブがアルツハイマー病に対する世界初の有効な治療薬のような印象を与えますが、アルツハイマー病が治癒する訳ではありません。認知機能の低下を2割ほど遅らせる効果があるとのことですが、既存の薬と比べて効果がどれほど優れているかはわかりません。

薬価は一ヶ月に1万ドル程度と予想されています。これを長期間(臨床試験では18ヶ月継続)続けることを考えると、費用対効果の面でもどれほどの有用性があるか疑問です。
エーザイが、米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発しているアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」について、FDAへの新薬承認申請が完了したそうです。こちらが承認されればアルツハイマーの治療薬として世界初となるそうです
エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.84 兆円

業績