新着Pick
740Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートワークは過程(プロセス)を評価するものではなく結果を評価する職種と親和性が高いので質問自体がポイントレスだと思います。それはジョブ型ではない日本の雇用慣行と極めて親和性が低いのですが、今次局面でそれが比較的認められるようになった理由は簡単で、その目的が「防疫」だったからに過ぎません。だから制度改革なかりせば、必ずまた元に戻るでしょうし、現に朝の電車を見れば分かるでしょう。
リモートワーク中にサボるという概念がわからない。
自主自律的な働き方なので、それは、単に「自主的に休憩時間とした」だけではないか?

働いていた時だけ、働いていたと申告すれば良い話。
リモートはサボると言われがちだが、出勤したオフィスでの雑談や喫煙お茶はサボりではないのか。そもそもサボるサボらないでなく、約束した成果をデリバリー出来たかかの方が余程大事。サボらないけど成果をデリバリーしない人の方がよっぽど罪深い、
デリバーすべきものがデリバー出来ていれば良くて、サボったかどうかは関係ないと思います。逆に仕事をダラダラやって終わらない方が問題でしょう。

少々くどいですがサボるというのは下記が語源になりますがこんな人はいないので、サボったという人はむしろ効率的な人で単に空いた時間で休んだということでポジティブなのではないでしょうか。

以下引用:
「「サボる」の元になった言葉はフランス語の「サボタージュ(Sabotage)」で、「破壊行為・妨害活動」という意味があります。
また、「労働争議の中で行われる破壊活動」という意味で使われたことから、現在は「労働争議」自体をあらわす言葉として使われています。
他にもネガティブキャンペーンにより相手の社会的信用を損なうような妨害活動もサボタージュという言葉に含まれます。」
出社してる人に同じアンケートをしても、似たような結果になると思いますよ(笑)

時々サボらないと集中力が持たない???
単に喫茶店か営業車で寝てた人が自宅で寝てるだけの話じゃないですかね。。
相変わらず時間管理されたいということかなぁ?
アウトプットをしっかりと出していればサボるとか関係ないのだけど。。。
いろいろナンセンスな調査です…。
リモートワークは時間管理に向かないにも関わらず、時間管理を前提とした質問になっています。
サボりの定義も曖昧ですが、職場に来ていてもサボっている人はざらにいるはずです。
人の集中力は8時間持続するとでもおもっているのでしょうか。
本当にサボっている人は...「サボっていると自覚していない」ですし、「サボっていると回答しない」ので、残念ですが、この分析結果は、あまり意味がないと思います。

記事の関係者の方々には、失礼なコメントになり申し訳ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
全くないと回答している人がすごい。逆にリモートワークに向いていないように感じます。適度にサボれる能力は必要だと思います。