新着Pick
392Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リファラルという採用手法は既に数年前から一般的になっていて、多くの企業で導入されているものだと思っていたので、少し意外でした。

リファラル採用を始めていたとしてもまだ人材獲得比率が低く、他の採用手法に頼らざるを得ないという状況は当然あると思うので、これからまた数年かけて普及していくことになるのでしょうか。
企業へのロイヤルティが高く、エモーショナルコネクションが強い。

そんな社員から本気で誘われたら、真面目に考えますよね。一緒に働きたいと思える人からのアプローチがいい。

トヨタの場合、報酬がないのがポイント。報酬欲しさに、適当に勧誘されたり、紹介されるのは、迷惑ですから。
トヨタだから記事になったのだと思うくらい、真新しさのない記事に驚きました。

なんらかインセンティブがあった方が機能しそうです。
紹介者が入社できた場合一緒に新規事業にチャレンジできるなど。
もう終身雇用/日本的経営という言葉は
歴史になったんですね。
次に進んでいきましょう。
プロパー重視、男性重視、チームプレー重視の伝統を変えたいという意思表示ですね。組織活性化のためには良い取り組みだと思います。あとは中途採用者が定着するかどうかです。
「リファラル(紹介)採用」制度は、米国企業では、普通なので、これまでも、知人や同僚が転職する際に、電話で「Reference(聞き取り調査)」に協力したことが何回もあります。

自分の人脈を作る時も「総当たり戦略」でいくより、「よい人から、次の人を紹介してもらう」という「ウォーム・イントロダクション」の方が、質もよい人と効率的に出会えます。

人材獲得も同じで、「自己申告」よりも、周囲からの評価を聞いて判断する「リファラル(紹介)採用」制度の方が良いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
リファラルのどこが新しい手法なのか。。。記事の日付を確認したレベルです。大企業には新鮮なんですかね?
これを記事にする方も、させる方もデブランディングだと思います。
紹介した人にも報酬はなく、紹介された人にも選考の優遇がないので、あえて今「制度化」した狙いがよくわかりません。

以前から水面下であったものを採用が厳しいので今一度社員に告知したくらいのものではないでしょうか。
公認会計士、コンサルタントとしては、リファラルでしか新しい仕事をしたことがなかった私は、履歴書をきちんと書けません…涙
トヨタですらリファラル。リファラル採用がいかにメリットあるものかがわかりますね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.9 兆円

業績