新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上比率の円グラフを見たけど、このバランスでグローバルで販売出来るメーカーは中々ない。

四半期でHuaweiが首位となったのは、4月の出荷台数で大きく差がついたから。5月は僅差となっていて、かなり差が縮まった。
Huaweiが年間を通して首位になれるかというと、中国市場に依存し過ぎでは難しいと思う。

Samsungの良いニュースとしては、フォルダブルが継続して売れており、利益の底上げになっていると推測出来るところ。フォルダブル端末には消極的な見方が多いですが、Samsungのスマートフォン事業に戦略転換があるとすれば、そのフォルダブルが鍵になるのではないか。ファウンドリー事業の成否も大きく関わってくると思います。

『中國「愛國消費」!華為 4 月全球智慧手機銷量超越三星居冠 | TechNews 科技新報 -』
https://ccc.technews.tw/2020/06/08/huawei-over-samsung-phones-in-apr/
『携帯電話の世界シェア、5月はサムスンが首位奪還 | コリア・エレクトロニクス -』
https://korea-elec.jp/posts/20063001/
昔はSamsung、中国でも一定のシェアがあったのだが…
そしてHuaweiについては、部品在庫をかなり積んだと報道されているが、今後その在庫がいつ切れるのか、そしてチップなど含めて調達をして、どのレベルの端末をどれだけ継続して作り続けることができるのかが論点。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績