[フランクフルト 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は、銀行に要請している配当の停止と自社株買いの停止を延長することを検討している。

ECB監督委員のKerstin af Jochnick氏が7日、明らかにした。近く最新情報を公表するという。

ECBは銀行に対し10月まで配当と自社株買いを停止するよう求めているが、欧州システミックリスク理事会(ESRB)はすでに年内の配当停止と自社株買いの停止を銀行に求めている。

ESRBのトップはECBのラガルド総裁が務めている。