新着Pick
1095Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
首都高速はずっと前にこれをやってたわけで、先進的ではないです。ダイナミックプライシングは本来、公共経済学の伝統的な社会厚生の向上施策です。むしろ民営化したことで後手に回った感さえあります。
混雑時の運賃を上げるのでしょうか?

それで混雑が回避できるとは思えないのですが・・・。

定時に出社する人が相当数いる限り、運賃が高くなったからと言う理由で使わなくなるとは思えません。

利用者減少を穴埋めするための「値上げ」と考えるのが普通です。

それにしても、JR東日本は混雑する路線での売り上げでガラガラの在来線を維持しています。
本来であれば、混雑する通勤電車の乗客はもっと安い値段で乗車できます。
(逆に、ガラガラの在来線に乗る人はトクをしています)

通勤電車で混雑する時間帯の値上げをするのは、このような不公平を助長するようなもので、あまり感心しません。
自然な流れでしょう。
ただ、すでに混雑避けてテレワークと昼出勤を使い分けている身からすれば、昼時間の乗客が増えるのは複雑な心境ですが。
きたーーー!ダイナミックプライシング!?!?!?
これはサービス業でもどんどん導入してよいのでは?! 混雑緩和には、二階建て電車だけでなく、インセンティブ設計はマストだとし、交通経済学の論文などを除いてずっと感じていたことなので、ドキドキ。
ダイナミックプライシングは、デジタライゼーションを進めてきたからこそできること。逆に、デジタル比率が高まっていないとやりたくてもできない。実は、国内の交通手段の中で、群を抜いてデジタル化を実現してきたのが電車。「昼の時間は1円で乗り放題」など大胆なピークシフトを期待。
ダイナミックプライシングって利用率に応じて柔軟に価格設定するということなので、時間帯別運賃とは全く異なるものです。
追記 通勤費用は世界でも珍しく会社負担で、税額控除されていますが、ここに手を加えないと時間別運賃による混雑緩和など絵空事です。

国鉄時代を引きずる通算運賃制に手を付けないと抜本的なことはできないでしょう。定期運賃は見直す余地があるかもしれません。JR東の問題は、首都圏とその他が違いすぎることで、首都圏で稼げなくなると、ローカルは廃止等の縮小に向かわざるをえません。今でもローカルは赤字なのですから。
これは時間帯別運賃に対応したMaaSアプリが必要ですね。乗り換えだけでなく、複数の交通手段の使い分けを前提に、所要時間と料金、乗換の手間などを一発で提案してほしい。そういうアプリが普及しないと、あまり効果はないと思います。

または「夜だけ定期」みたいなサービスですかね。いずれにしろ、どんどんやったほうがいいと思います。
すぐ価格で調節するなんか言う。
日本のIT技術を使って、すべて予約制にしてはどうか。
予約が取れた場合、割安でJRに乗るが、
予約もせず乗ろうとする場合、いつもの価格より10倍高いとか、そうならないか。
今回のコロナで非常に不思議に思うのは、日本はあまりITを使用としないこと。
柔軟な働き方が浸透しつつある中、記事にもある通り通勤定期券という超安定収入も今後どうなるか分からないですし、自然な流れと思います。鉄道のような交通インフラに限らず、あらゆる場面でダイナミックプライシングが導入されるのでは?
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績