新着Pick
2855Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイクロソフトの採用基準も似ている気がしています。
一番重要視されているのは、自発性。
諦めずに、好奇心をもって、エンパシーをもっ自発的に動ける人は、その行動力で、知識など職務に必要なその他のスキルは簡単に習得できてしまうのです。
当社が是非一緒に働きたいと思う人材は、会話の中で主語が「自分」に向き過ぎている人ではなく、「チーム」や「組織」「会社」を主語にできる人です。

個人的な成功だけでなく組織に貢献する意欲を持っている人を集める、という考え方はまさに合致していて、非常に共感しました。
いい本と思います。「コーチャブル」も一時期私の周り(だけ?)ではやりました。ただ、「チームファースト」は「グループシンク」と誤解しやすいのではと危惧します。個人的には「自分の成功が他人との協力関係にかかっていることを理解している人」、つまりゴールオリエンテッドで自分の限界を知っているということが重要ではと思っています。
本文には「一流」「凡人」の文字はなく、NP層の方々が反応しやすいようにForbes編集側がつけたタイトルと思われる。

学びつづけ、柔軟性があり、そしてチームの成果を優先できること。
それを、「かけがえのない人材」と呼ぶ。それだけのこと。
自分より優秀な人しか採用しない。これが意外と難しい。

知性、勤勉、誠実、グリッドを持っている人を仲間に加える。

テレワーク基本になるとほんとにゆるい気持ちで採用した人との仕事は苦しくなってくるから、まさに!っていう人としか仕事しないほうがいいですね。
ポジティブネガティブ両面で自分の力をしっかりと知ることができないと自分以上の人を採用することもできませんし、チームを活かすこともできないのだと思います。そこには主体的な自己分析と自己研鑽、それによる他人へのリスペクトがありように思います。
そういう人は自発的に成長に向かう。Googleで用いられているOKRも主体性ややりぬく力を高める仕組みですよね。
このタイトルは全てを台無しにする。
二者択一に還元できることなど何もないのに。
ビルの話ではなく、以下のスンダーの話がポイントですね。

但し、前提としては、全ての人たちが、あるレベル以上であること、つまりGoogleの採用基準を満たしている人といことはありますが。

一般の企業で、スンダーと同じことをやっても、同じ結果がでるとは限りません。そこもポイントだと思います。

ちなみにビルに関する本も、よい本です。

(以下、記事中から引用)
グーグルCEOのスンダー・ピチャイも言うように、「自分の成功が他人との協力関係にかかっていることを理解している人、ギブアンドテイクを理解している人、つまり会社を第一に考える人」を探す必要がある。
(中略)
彼らが何かを犠牲にしたり、他人の成功を喜ぶことがあるかどうかに注目すればいい。スンダーはこう指摘する。

「ときとして、より大きな成果を得るために、誰かが何かを犠牲にしなくてはならないことがある。僕はそういうときの行動に強く注目している。自分とは直接関係のない、ほかの部署の成功を喜んでいるときもだ。そういうことに目を光らせるんだ」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
私が外資系投資銀行の採用インタビューを受けたときに外人の英語インタビューで、Weを主語にしていたら、お前自身は何をしてきたんだ、と痛烈に言われた。

「チーム」や「組織」「会社」を主語にする人を私は全く信用しない。なぜなら「日本においては」それは「使えない人」と同義だからだ。そしてそういう人しか使えないマネジメントは更に「使えない」。
タイトル???
いい記事であるが、タイトルはちゃんとしようよ。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.08 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
78.0 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.07 兆円

業績