新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データを駆使して適した取組みを実践する…。営業は、他と比べると"属人性"が色濃く存在している領域であり、昔ながらのスタイルだけでは、その"競争力"は頭打ちしている実態がある…。科学的なアプローチを採用することにより、暗黙知の形式知化が加速し、大きな成果を上げている。データ活用の"Sweet Spot"だと思う。

営業と同様に、"属人性"が強く、担当する人間次第で大きく成果が異なることで問題視されている領域の一つに、"PEOPLE MANAGEMENT"が挙げられる。管理職研修を一度受講して、後は、その人任せ…という残念な状態が多くの企業にて散見される…。マネジメントスキルは、勝手には身に着かないと改めて認識し、Manager Enablementの機会を設け、組織パフォーマンスを向上させるために必要なことを本気で学び、自身の我流スタイルだけに依存するだけではなく、データ活用の実践を通じて、大きな成果を生み出して欲しい。全ての管理職に必要な機会だが、営業チームを牽引する全管理職には、必須だと思う。特に、"数字"のことしか話せない管理職には、MUSTだと思う…。
初めて聞く職種でしたが、
確かに必要なポジションですね。
世の中の変化を感じます。
セールス・イネーブラーという言葉ははじめて聞きましたが、中身を読むとこの役割の必要性がよくわかります。生命保険や不動産営業といった対面式を基本としてきた業界の中にも、営業スタイルの変革を始めている企業が出てきましたが、単純に対面式のやり方をオンライン化すればいいわけでなく、SFAを導入すれば問題が解決するわけでもない。イネーブラーのように様々な視点をもって各分野を繋げ、それぞれの価値を融合させる存在が必要ですね。

以下引用
”営業職について理解、経験しているだけでなく、受注に繋げるためのマーケティングの視点、育成する人事的な能力も必要とされます”
セールス・イネーブラーという名称自体知らなかったので勉強になりました。ただ「時代に合わせて営業の在り方を変えながら、変わった在り方を見える形にする」というスキルは全ての営業職に備わっているべきかと思います。

もっと言うと、営業職だけでなくて社会人全てが持っているべきスキルかもしれません。どんな職種にもお客様はいますよね。お客様とは社外の人に限らず、自分の仕事の次工程の役割を持つ人は基本的にお客様なのだと思います。

周りとの強調の仕方を流動的にアップデートさせる考え方の集合体が健全な企業なのかと思います。
勉強になります。
仰る通り、新規顧客×オンラインのセグメントにおいては、
正直「信頼構築に苦心なぁ…」と痛感している為、業務フローやコンテンツ、ノウハウの再構築・可視化が出来る人は今後各企業様においても一定必ず必要なポジションかと思います。
新しい職種や役割のイメージです。

何よりも1つ1つの職種に求めらるるものが多様化し、
明確に職種単位で区切れず領域が曖昧になりやすくなったと思いました。その中で、営業効率を上げ力を強くする体系化と育成担当、、
とすると今後そのほかの職種でも同様のことは起きそうです。
以下の3つを持っている人はセールス・イネーブラーに適性があるといえます。

1.営業理解がある
2.体系化スキルがある
3.育成マインドがある

営業理解が必要なことは明白ですが、営業組織全体でPDCAを実行するには、プログラムに落とし込む体系化する力も必要です。また、育成しなければならないため、育成マインドを持っている人は向いているといえるでしょう。全社視点を持ちつつも、最後は現場に寄り添えるかが重要です。
→なるほど。ロジカルでリーダーシップのあるセールスの方まで噛み砕くと該当者いそう。インサイドセール中心になってきた場合、対面だけではないノウハウも溜めていく必要がありそうですな。
耳の痛い話が多かったのですが、、これを機に現場の問題点や課題解決に着手することが求められているような気がしました。