新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本企業はM&Aが下手だといわれます。買うほうもそうなんだけど、圧倒的にダメだと思うのは売る力と感じます。「黒字事業は売れない」とか言っているうちに、大体どうしようもなくなってから足元を見られるパターンが多い。「集中と選択」「ポートフォリオの入れ替え」が最近ではPXとか言われるようになってますが(日経7/2)、まだまだやらないことは多いと思います。
武田はフォーカスすべき事業ドメインを明確にしているわけですし、シャイアー買収で膨張した借入金を圧縮してダイエットするために大衆薬を売却するのは自然な流れでしょう。

有価証券報告書を見ても決算説明資料を見ても大衆薬(武田コンシューマーヘルスケア)についてはまったく触れられていませんし、「アリナミン」「ベンザ」の単語もまったく登場しません。

われわれ一般消費者にとっては、希少疾患やオンコロジー(がん)の治療薬よりアリナミンやベンザの方が馴染みがありますが、残念ながら武田にとってはとうの昔に傍流になっていた事業です。

日本企業はM&Aによる事業ポートフォリオの入れ替えが苦手ですが、こうやってテキパキと実践できるあたりがグローバル化しつつある武田ならではであり評価できるのではないでしょうか(まだ業績に結びついていませんが)。

大手町・丸の内界隈を見渡しても「男子校」ばかりの日本の大手企業にあって、武田の経営陣は見事にダイバーシティが進んでいます。個人的に武田には頑張ってほしいなあと思っています。

ところで、武田コンシューマーヘルスケアが売却されたらベンザのCMは綾瀬はるかちゃんじゃなくなってしまうのでしょうか。それは悲しい。。。
アリナミンやベンザブロックとメジャーな商品を販売している子会社の売却を検討しているとのこと。
【経営】オリンパスのデジカメ撤退と同じような構図かな。コモディティ化した事業を売却して、より高付加価値な製品の研究開発と生産に経営資源を集中するというのは、日本の伝統企業が生き残るための重要な手段であると思うから、今後も同じようなことが続くはず。
まだやってたの?
武田薬品工業株式会社(たけだやくひんこうぎょう、英文:Takeda Pharmaceutical Company Limited.)は、大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社である。タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.41 兆円

業績