新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
6.6億DL、1,2億アクティブユーザーが
消し飛ぶ可能性がある話なので、
6千億円くらいの時価総額が吹っ飛んでも、
おかしくないですね。
ちなみに、
BDのインドからの売上は年間数十億円と、
まだ小さいです。

この中国製アプリ禁止令は、
インド政府が、
中国との関係を完全に断とうとしているのか
国内世論に応えるための一時的な戦術なのか、
インドでは、意見が分かれています。

インド政府の本当の腹は、
少し時間をかけてみていかないと、
判断できないなと。

ただ、仮に、
同禁止令が厳格に適用され続けるとすると

インドのスタートアップにとってのメリットは
巨大な資本を持つ中国製アプリと競合しなくなる。

一方、インドのスタートアップにとってのデメリットは
中国からの直接投資が減少し、資金調達しにくくなる。
特に既に中国から巨額投資を受けているZomatoやPaytm等は
資金調達戦略を練り直さなければならない

といったことは、容易に想像ができます。
同社CEOは、我々は北京にデータを送ったりしない、と釈明していますが理屈ではなく感情、そして国の安全の問題です。敵国のアプリを好んで使う人はいないでしょう。国民のデータが取られているなら尚更です。
する、しないではなく、できる、できないが問題なので。

最近の中国は迂闊ですね。無慈悲な締め付けと強気で、国際関係にヒビが入ってきたのでは。一方で中国大手企業はグローバルで協力し合うべきだと訴えています。不思議な光景です。
ソフトバンクGに取っても大打撃だ。ビジョンファンドで数少ない順調な会社だったので。


中印の緊張関係のため、バイトダンスが展開するTikTok」及び「Helo」がインドのアプリストアから削除された。同社は過去数年間でインドに10億ドル以上を投資していたが、傘下の製品は現在インド市場でほぼ壊滅状態に陥り、60億ドル以上の損失が発生する可能性があるという。
先日の報道に対するコメントと一緒にご覧ください。
既報ではありますが、さすが、インパクトが大きいですね。

https://newspicks.com/news/5029288?ref=search&ref_q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA&ref_t=top
インドと中国はチベット問題や国境問題における武力衝突など
日本がなあなあにしてきた問題に正面から取り組んでいる大国です
中国企業は間違っても政府批判ができないほどグリップされているのが実情だと思うので
企業を批判するのは酷ですが、
今までその恩恵を十分に受けてきたはず、香港の若者やかつての天安門の若者の様に戦わなかった人々に世界は厳しい目を向けていくでしょう

私は無名な一般人なのでリスクはありませんが
こんな批判なことを日本国内でコメントで書くと、中国国内で逮捕される法律が
香港での問題のドタバタで通ってしまいました。
中国共産党の対応が気になります
外交的な話もありますが、海外企業によるデータの取得に関する議論は今回の件に関わらず欧州などでは活発に行われています。

GoogleやFacebookが矢面に立ってはいますが、インターネットに明確な境界線が出来始めている一つの変化だと思います。プロダクトを設計する上でユーザーデータのプライバシー問題は更に重要になっていくと思います。

インド、「TikTok」など59本の中国製アプリを禁止

https://news.yahoo.co.jp/articles/783aae2d99d36070d1b7a9232547bd8b846f8a69
これは大打撃ですね。TikTokのインドでのシェアが今のバイトダンスのValuationに影響してたのは間違いないので。
インド政府の対応はさすがです。

自国産業保護もありますが、政治的な側面が強いでしょう。
僕もzoom使うのやめました。
zoomで中国共産党の悪口言ったらマーキングされるだろうなと勝手に思ってます。
リバースしてみますかね。まぁアプリ側で制御ロジック持ってるわけないか。
米国やインドから、このような感じで排斥されてしまうと、中国企業は厳しい状況に追い込まれるでしょうね。

この傾向は政治的な対立が解消されない限り、今後も増加する方向なので、中国系企業にとっては、頭が痛い問題となるでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
中国の自国のアプリ業界を成長させるために他国のサービスを排斥して自国内で成長させていたのでインドも同じ道をたどっているのかと思ってます。

人口が2桁億人いる国の戦略としては当然かも。