新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検索サイト「百度」(バイドゥ)。広告事業が大きな収益源でしたが、今は他のSNS(フェイスブック、インスタグラム、TikTokなど)やアマゾンなどに広告が取られ、新たな収益源を確立する必要がありました。

そこで、ライブ配信を中心にECを仕掛けるとのこと。ここに情報プラットフォームとしての強みとして、知識コンテンツを加えるというのがポイント。

面白そうですね。

そして、独身の日(11月11日)に近づく、「618セール」のすさまじさも改めて感じました。日本企業も11月11日、6月18日にはもっと意識を高めて施策を放ったほうが良いですね。
バイドゥが検索からECへと事業フォーカスを移動させる動き。検索から購買という体験を如何に一気通貫で提供できるか、EC購買やデリバリーのプラットフォーマーとの提携の可能性もあるか?

北米でも近い動きがあり、今年の4月に、GoogleがGoogleショッピングで表示される商品情報を無料で登録できるように変更。さらにGoogleは、ShopifyやWooCommerceといった企業と提携し、小規模な小売業者でも簡単にGoogle経由で商品を顧客にアピールできるような動きが出てきている。

https://gigazine.net/news/20200430-anti-amazon-alliance/
検索エンジンとしてバイドゥを使う場合、まず出てくるのはコマーシャル、人をだまそうとしている企業、組織
あまりにも商業主義的なバイドゥ。
このバイドゥを全く信用しないし、さらに業務拡大によってはその悪い影響が広まっていく。
ぜったいに立派な企業にはならいバイドゥ。
百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
4.37 兆円

業績