新着Pick

ドル円相場の先行きは円高なのか円安なのか

東洋経済オンライン
3月以降の金融市場はコロナショックを受けて激しく動いているが、為替市場、特にドル円相場の動意は相変わらず乏しい。6月10日の東洋経済オンラインのコラム『コロナ危機を経てドル円はもっと動かなくなる』では、…
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それにしてもドル/円相場は動きません。動かな過ぎるといっても良いくらいです。金利差なき世界が理論的には物価差なき世界に行きつくであろう中、やはり「為替は需給で考えるべき」という当たり前の話だけが残った感じもあります。

この点、貿易収支、国際収支を中心に今一度、統計を整理させて頂きました。需給と言ってもストックなのか、フローなのかでイメージが変わるのが現状であり、その国の対外経済部門のイメージを規定するのは私はストックだと思います。この点は相変わらず円高を示唆します。足許では円安気味にフローが緩んでいるという実態も見過ごせません。
いつもながら大筋納得で勉強になる唐鎌氏の分析ですが、我が国の将来を占う上で中長期的に見て本当に怖いのは通貨価値の毀損と同義の円安だと私は感じています。だからこそ多くのメディアは新興国をはじめとする諸国通貨の下落つまり通貨価値の毀損を経済の混乱要因として悲観的に報じるわけですが、こと円の話になると、円安を歓迎し円高を怖れるトーンの記事がメディアに躍るのは不思議です。
そう考えると「2年連続で史上最小値幅を更新した2018~19年は基礎的需給バランスもほとんど均衡していた。これに対し、今年1~4月合計の基礎的需給はマイナス16兆円程度と大きな円売り超過が見られる」といった形で対外純資産が減って円安に触れそうな要因が重なって行くのは心配です。
「中長期的にはストックの面から、そこまで円に弱気にはなれない。日本の対外債権国としての磐石さは健在であり、当面は続くとみられるリスク回避ムードではやはり堅調さを発揮する」との予見が当たることを念じます (^^;