新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
格下げ部分より、下記引用部分がポイントだと思う。
バブル後の処理で、日本がさんざん非難された「ゾンビ企業化」(経済的には破綻すべき企業を破綻させずに持続させること)が、グローバルで起こっている。
急激な需要蒸発が戻ったタイミングで、各種施策をどうやって変えていくのか、そのなかで破綻なども許容していくのかが気になる。
『FRBは新型コロナ以降に投機的等級に落ちた企業の社債を買い取り対象とする。コロナの影響で売り上げ急減に見舞われ、本来なら競争力を保てるはずの企業が破綻するのを防ぐ狙いだが、資金調達環境の改善で、コロナ以前から財務が悪化していた企業も救済する形になっている。』
今後の景気次第だが中銀分については債務免除やデットエクイティスワップという議論が出てくる可能性もあるだろう。その場合はモラルハザードや価値のない企業の延命が懸念される。
償却前利益が激減する一方で有利子負債が急増している企業が多く、すでにエクイティバリューは相当に毀損し、債務も弁済のリスクが上がっていることは否めません。
コロナ禍の当然の結果でしょう。

格付けは財務の安全性で決まります(成長性や将来性は斟酌されません)。

航空会社や飲食、観光など、緊急借り入れ等で何とかしている企業が増えれば、格下げになります。
企業の業績が、これだけ全体的に落ち込むと...それらの企業のメインバンク担っている銀行とかは大丈夫なのでしょうか...

大銀行もそうですが、中小の信用金庫など、かなり心配です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません