新着Pick

イライラが消えていく、感情をコントロールする3つの習慣

ライフハッカー[日本版]
ラリーさんは、著書『ムードエレベーター 感情コントロールの新常識』で、感情の起伏を19の階層に分けています。中でも、ネガティブな感情に対しての対処法について、睡眠、エクササイズ、上の階層にいる人と一緒にいることを挙げています。
296Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記の3つは、たしかに基本ですね。
 さらにいうと人に感謝する、良かったことを三つ書くなども効果が明確で大きいです。
------------------------------
1. しっかりと睡眠をとる
2. 体を動かす・運動をする
3. ムードが高い人と時間を共にする
イライラを抑えるのって実は勿体なくて
私の場合不平不満、自分へのいら立ちをすべて行動するためのエネルギーに変えてきました
10代の時はほぼそういうストレスの使い方をしていて、せっかく湧き出たエネルギーなんだから沈静化するのはもったいないという考え方です
運動はいいかもしれませんね
体つくりにもなるし
私の場合はイライラしたらプログラムを書いたり、ひたすら調べものをしたりしていました
新たな発見があったり、疑問が出てきたら、イライラの正体などどうでもよくなります
まぁしかし10代と違って状況は複雑化しました
そう簡単に消えないイライラが取り巻くこともありますが、私はずっとこの方法を続けています
感情を感情でもってコントロールするのは難しい。体動かすと良いですよ。筋トレ、ヨガ、オススメです。
本当に譲れないことは別として、日常で生まれる理不尽なことや、当たり前に発生する"些細なこと"=交通渋滞などは、"宥和的"思考で乗り切ることが一番適していると筆者同様に思う。
イライラすることで、損することは多々ありますが、得することは殆ど無いですからね…ケ・セラ・セラですね。何事も一呼吸して、簡単に"飲み込めない"問題に寛容な心で対処したい…。
以下の三つの問い掛けは、Be Positive❗️になれますね。

①心を掻き乱す出来事の裏にある根本的な原因は何だろう?
②この普段とは異なる出来事から私は何を学べるのだろう?
③この一見ネガティブな出来事を、どうポジティブに解釈しようか?
以下が、その3つの習慣ということです...「なんだ」と思うかもしれませんが、これは、結構、当たり前ではありますが、効果的だと思います。

睡眠や運動といった身体の要素は、感情に大きく影響します。

あとはネガティブなことや、イライラを感じるようなことは、伝播するので、そういったものを持っていない人と一緒にいると大きく改善されます。

(以下、記事中から引用)
1. しっかりと睡眠をとる
2. 体を動かす・運動をする
3. ムードが高い人と時間を共にする

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人的にはイライラは抑えようとすると、
一層イライラするので、他の事などで忘れた方が良いです。
私は大好きな家族と全然違う話をして発散します。
時間をおくこと、距離をとること、余裕を持つこと。

人はそう簡単に理性的になれないと思っています。時間をあけると冷静になれるし、別の立ち位置からストレスの原因を見ると別のモノも見えてくるし、そもそも日々健康でストレスを溜めない生活をしていれば、ある程度、ストレスを受け入れる余裕ができる。

そゆことだと思っています。
状況をポジティブに捉える。これはよく聞く話ですが、なかなか実行できない。かなり意識を強くして、実行していかなくてはならない。
全ての憂いを水の如く流す