新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
頭の悪いライターが書く、頭が悪いタイトル。泰然自若としているCさんと、ちょっと出遅れたぐらいで泣くAさんで格差が出るのは当たり前。格差が出ないのが正なら誰も頑張らない、元から格差はあるのが社会なのに。
>B先輩が『就活なんて楽勝。お前らもまず部活をしっかりやれ。就活なんて広報解禁の後でも間に合う』とアドバイスしてくれました。<

n=1の怖さというか確証バイアスというか、身近な人の成功体験で以て自分にも適用されると思うのは危険です。

少なくとも私はキャリアコンサルタントとして、学生には「2020卒までは売り手市場だけど、オリンピックが終わったら売り手市場は陰る可能性があるよ。それが21卒に影響するのか、22卒に影響するのかは分からない。もしかしたらしばらくは売り手市場かもしれないけど」と伝えていました。(コロナが始まる前の話です) とくに20卒の就活が上手くいかなくて21卒に就職浪人しようかと迷っていた人には、強めに伝えてました。

なんだかやはり、大学の低学年からキャリア教育をもっとやるべきです。少なくともキャリア自立というか、自分で考えて行動するマインドくらいは醸成させないと。
インターンからの正規登用というのはもはやテンプレになりつつありますよね
特にIT企業はそうだと思います
ある程度すでに能力の差がはっきりしている業態は、先にインターンとして会社のやり方に順応できるか、そして基礎体力がいかほどかを図ることができます
一方で一般的な企業におけるインターンって割と人間関係の構築がメインになる気がしています
それでもある程度の規模の企業へのインターンって、名簿に〇がつくだけで一人一人この人は正規登用したいか否かはそこまで見られない気がする
子会社や地方拠点ならまだしも本社採用を目標にしているなら厳しい
意外と運のいい奴も悪い奴もいるもので、インターンで相当目立っていたのに落ちたり、部活ばかりしていたのに知り合いの伝手でそこそこの規模の会社にさらっと就職する奴もいる
こればかりは平均値や世の中の雰囲気の話にならざるを得ないが、総じてインターンにはメリットがあるといえるのではないでしょうかね
コロナでより顕在化しただけで、コロナ以前にもよく言われていた話です。

そもそもの就活の慣行がおかしな点ばかりですが、自分で考えずに人の話を真に受けることだけは、どんな状況でもやってはいけないことです。
確かに早く行動した方が就活はあらゆることに有利な場面が多いです
しかし記事のように部活や、学費のためのアルバイト、病気で出遅れることだってあります
そういう様々な事情を抱えた学生もいるので、この記事のように格差だ!と煽るタイトル記事は感心できません(最も記者の記事や書籍は面白く読んでいますが笑)

人生万事塞翁が馬です

どんな超一流企業に早く内定が決まり、働き始めても精神を壊す若者だっています
出遅れて無名の企業に就職しても、そこから奮起して、生涯年収で見ると、一流企業に勤めた人より稼ぐことだってあります

結局は自分の意志です
There is way, there is a wil
逆境であっても意志あれば道は拓けるものですから
21卒の状況を見て、22卒は相当焦って夏のインターンに申し込もうとしているが、企業側が採用の見通しが立たず冬に先送りしているか、夏のインターンが開催されてもオンラインインターンで全く会社の雰囲気が掴めずさらに焦るばかり。

という22卒の3年生の声でした。
そもそもの日本の就活慣習が異常だとあらためて思える記事。。。
いつまでも、喉元過ぎれば熱さ忘れる、を繰り返してるため、約10年おきに、こういった記事が出てきます。

コロナは急に来ましたが、景気循環がある以上、いずれ不況が来ることはわかっていたはずです。大人は、不況が来てから学生をサポートするのではなく、過去の経験を活かし、不況が来る前から学生をサポートしなければならない、と感じます。
一気に情勢が変わってしまった感じのある就活。「インターン組と出遅れ組の格差社会へ」ここはかなりあると思います。