新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の尖閣への領海侵入は明らかにレベルアップして危険な状況。
もっとメディアの報道と国民の関心が高まる必要あり。
単なる通り一遍のいつもの抗議だけでは危ない。
国際世論対策も不可欠。

媚中の二階幹事長に遠慮する自民党であってはならない。
親中の公明党の国交大臣でも海保は矛先が鈍ってはならない。
30時間を超える長時間、尖閣周辺で中国船が活動を行った。周辺での中国船確認は83日連続となった。コロナウイルスショックのあと、どんどん強気になる中国の姿勢を反映している。中国としてはこのような活動を行うことによって、いくつかの利益が得られるとの計算があるのだろう。日米同盟の堅固さのテスト、日本国内の防衛論議の反応、中国国内の士気の鼓舞など。
憲法を改正しましょう。

国会議員のみなさんは相手の揚げ足ばかりとらずに、国家について本気で取り組んでください。
産経新聞以外にもしっかり報道してほしいけど左翼系新聞には期待できないし、テレビ各局の報道にも期待できない。むしろワイドショーの方が期待できる。香港の状況だけでなく尖閣と武力と暴力と情報統制と人権侵害を続ける中国の実態をしっかり伝えてほしい。
中国海警局の動きは、2013年以前のような現場の暴走ではなく、党中央の意向を忠実に反映している。短期的に見れば、日本政府の香港問題への介入に対する牽制ではないだろうか。今後、日本が香港問題に口を挟めば挟む程、海警局の動きも活発化していくことになろう。我々は外交を担保するのは軍事力であるという現実を直視しなければならない。
島国故に国境概念が薄く、国防への危機感が低い日本ですが、これが現実です。

英国との約束もお構いなし、香港の一国二制度を事実上反故にした中国。おそらく今後、これが「既成事実化」し、香港が民主的政治を失うのは時間の問題でしょう。
領土海空侵犯も同じことです。韓国が竹島でやっている事も同じですが、小さい島から、占有し、既成事実化し、奪っていこうという魂胆ではないでしょうか。

頑とした対応を望みたいです。
G7として香港に対する声明を出した途端これ。うまくやり合わないと、いつまで経ってもこれは続くと思う。
基本的に中国の末端は尖閣は俺たちの島だし威嚇してやったというスタンスと思われます。これらの行動があまり戦略的とも賢いとも思えません。要は中央の意思なのかどうか。

逆にこの尖閣を始めとするアジア諸国への挑発行動をどう使うかが大事でしょう。
このようなニュースを耳にすると、映画「空母いぶき」を想起してしまう。もちろん、状況は全然違いますよ。しかし、私たちの今には、“いつの間にか隣に座っている危機”が存在しても全くおかしくない、という感覚がよぎるのです。

もちろん、政府、防衛省、外務省、国土交通省などはあらゆることをシミュレーションしているのだと信じていますが…
海上保安本部は直ちに領海から出るよう警告を続けているそうですが、先日4日に領海侵入した中国海警局の船2隻が、いまだ領海内にとどまっているとのこと。