新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
梅雨も後半になると、主に西日本で大雨が続きます。すでに河川の氾濫や浸水の起きている場所、土砂災害が発生している場所は「泣きっ面に蜂」になるでしょう。そうでないところもあらたに災害が発生するきっかけになります。引き継ぎ警戒が必要です。西日本豪雨のような惨事にならないことを祈ります…。
8日にかけて東日本へ北上する前線には全国的に注意が必要です。
救助、復旧とともに並行して実施される通常の現場作業についても、地盤が緩んでいますから、足下や法面など周辺に細心の注意を払っていただければと思います。
「6日(月)から8日(水)にかけてはまた広く大雨となる恐れがあります。九州から関東甲信にかけて活発な雨雲がかかるでしょう。」
すでに大変な被害が出てしまっている熊本は勿論のこと、他の地域でも警戒が必要です。