新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コメントを求められたので書きますが、タイトルと中身が合っていないと感じました。そもそもカラクリというべきものがあるのかわかりませんが、しいてあるとすればそれはESGブームでしょうが、それは言及されていません。昨年一年でESG系ファンドの売れ行きが4倍に膨れがり、逆に既存OEMはダイベストメント、売りの対象になっている事が最も大きな原因です。

またこの下記部分は事実に反すると思います。
詳細分析は省きますが、事実として期間損益が黒字なのに、売れば売るほど赤字、というのはあたらないでしょう。
投資家から資金を得ることが目的、についてはちょっと意味がわかりません。

ーー実態は売れば売るほど赤字ともいわれています。これまでの自動車メーカーのビジネス構造であれば、クルマを販売して利益が出ないのでは企業として問題があるといわざるを得ません。
 ただし、テスラの場合は、投資家から資金を得ることが目的なので、極端にいえばクルマを売って一般消費者から目先の利益をとる必要がありません。
恐らく蛯原プロが正解だと思います。

車としての魅力やイーロンマスクのカリスマや将来に対する期待という側面も当然あるでしょうが、それだけではこの株価は説明ができません。
このクラスの大型株になれば評価を決めるのは大口機関投資家の動きであり、テスラの場合は間違いなくESGファンドです。
最近のESG投資の拡大ぶりはともかく凄まじいもので、昨年度でその規模は30兆ドルを超えていると推定されています。
テスラはどのESGフィンドにも組み込まれている銘柄で、いわば象徴的な扱いになっている故の評価であると考えるのが最も納得のいく説明です。
環境性能の高さは当然なのですが、マーケティングにお金を使わない、他社製部品を積極的に採用して開発と生産のコストを抑える、ドライバーの電欠不安を取り除くための独自のインフラ整備。
一方でスタイリッシュな外観、電費の良さに加えモーター走行の加速の良さを体感できる味付けなどなど、数々のオンリーワンを備えています。

日本全体で充電インフラを増やすというやり方では広く薄くになってしまい、ピュア電気自動車のヘビーユーザーのニーズを必ずしも満たせません。まずは東名大のヘビーユーザーを育て、そのニーズに的確に応えていくのは理に叶うやり方ですね。
記事の内容はともかく、EVならTeslaだよねというブランドは確立しつつあるところが強いかと。TeslaはテックカンパニーなのでEV市場のハード、ソフト、アプリ全部にアプローチできる≒まだまだ伸びしろあるし事業も拡げられる。
あとはイーロンマスクのこれから何をやってくれるか分からないというある種のワクワク感が株価に反映されているのでしょう。
トヨタ(を含む既存車メーカー)とは本質的には
業種が違う、もしくはそうあることを期待されてるんでしょう。

EV専業の会社がもっとでてくれば、
PERの相場がわかってくると思います。
投資家への意識が高いという点は、元GPIFでESGに普及にご尽力された水野さんが社外取締役でテスラに行かれたことからもわかりますが、グリーンマネーの取り込みにも成功しているのでしょう。
欧州の環境規制なども追い風ですね。
コメントの依頼があったので見てみたのですが、ポイントがずれてるように見えます。株価は水物なのでいいのですが、テスラが投資マネーを主目的にしたい、というのは違うと思います。ファイナンスを少し知っていればわかることだと思うのですが、車業界でまことしやかに流れていると思うとぞっとします。もはや業界を越えてビジネスモデルを理解しなければいけない時代だと思います
ほんと、イーロン・マスクの成功は神がかっているからなあ。

一度の大成功ならだいたい運かもだけど、彼は一度どころじゃない。
時価総額という指標は、株価次第なので、とても流動的です。

株価は、テスラのオーナーではなく、投資家により決定されます。つまり、それは、テスラに対する投資家の期待値です。

株価が上がれば投資家は、うれしいわけですから、株価をあげように動きます。これが投資家の自然な動きです。

ただ、UberなどのIPOでみればわかるように、結局、評価額は投資家が釣り上げたものであって、実際の価値は、それほどなかった...ということでも問題になったように、この株価も同じようなリスクを含んでいます。

テスラの場合、企業への期待というより、イーロン個人への期待が株価に反映されていることから、更にリスクは大きいかもしれません。

ただ、そうは言っても、時価総額で世界一になることは、すばらしいことです。テスラでなければ、イーロンでなければ、できない偉業だと思います。

この絶好調がいつまで続くかという懸念はありますが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額が高いのは投資が活発だから。
特にESG投資が。

ただ、テスラのESGスコアがホントに高いのかどうかは非常に難しい。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60943470Z20C20A6000000?s=3

逆に言えば、クルマがいいかどうかはさほど関係ない。
そんなの語っても仕方ない。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.0 兆円

業績

時価総額
44.5 兆円

業績

フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績