新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーマンショックの時国内のM&Aマーケットは件数ベースで約40%減少し、その回復には2年半もの時間を要しました。
しかし今回は意外に減少が少なく、上半期の比較で前年対比9%の減少に留まっています。

しかも緊急事態宣言解除後の案件の伸びは目覚ましいものがあり、M&A業界の末席に位置するウチの会社でさえ、月間の受託件数は過去最高を記録したほどです。

ただ件数の伸びに比して、金額ベースでの伸びはそれほどでもなく、特にクロスポーダー案件の回復にはそれなりの時間がかかると思われます。

個人的な感覚としては、将来利益をベースにハイレバレッジをかけた大型M&Aは一時的に様子見のところが多く、リスク分散を念頭に割安なバリュエーション先の買収を考える買い手が多いような印象です。

M&Aはブレ幅が大きい業界なので、コロナ第二波の如何によって今後の状況は大きく変わってくるかと思いますが、しばらくはこの活況が続く可能性が高いと思われます。
日本のIPO市場では今年18社がローンチ後に中止した一方で、6社が既に再ローンチしており、株価形成も順調です。オファリングサイズ(公募売出し総額)やディール特性、前回ローンチ時よりもバリュエーションを修正し、投資家のリスク許容度に応じた調整を行っている事も大きな要因と推察します。
また、コロナ禍でプライマリー価格(発行価格)での供給が少なくなっていた事も、個人投資家・機関投資家双方の需要を喚起し、プライシングにおける良いディールモメンタムの形成に寄与しているものと考えます。
なお、5月は約1ヶ月のオファリング期間とGWの長期休暇を避けるため、コロナ禍とは関係なく、IPO社数は0の年が多い傾向にあります。
COVIDによる事業環境の変化に対応するため、コア事業とノンコア事業の振り分けによる大手各社のポートフォリオの入れ替えが(特に北米では)進み始めている印象。COVIDで伸びているスタートアップに対してのM&Aオファーも増えている一方、市場からも評価されやすくIPO準備も進むだろう。
他方、COVIDで苦しくなる業界も、同じく生き残りのためのM&Aが進みそう。(今動いている案件はコロナ前の仕込みが多いと思うが)これから、いきなり・ペッパーやLIXILビバのような切り離し案件は加速しそう(なんとなくいつかやらねば、だったものが今やらねばになってくる)。
調子が良いところ、悪いところどちらからもM&Aの動きが強くなってくるのが今回のCOVIDの特徴。
2〜5月にコロナ禍のせいでクロージングを延ばして条件変更交渉をしていたディールが出てきたのが主因です。もちろん例外もありますが。
今回は金融危機と違い、バランスシートそのものは傷んでないところが多いですしね。リアルだけのビジネスは直撃ですが、そうでないところはビジネスチャンスになりつつあります
成長投資というのはそうなんだけど、テックIPOのバリュエーションが下がって買いやすくなった、というのが本質なのでは。
コロナ禍で停止していたスタートアップ企業のIPOが再開し始めた一方、IPOディスカウント幅が従前よりも大きく設定される傾向にあるという噂も聞いており、当面は世界的に大規模な金融緩和政策が実施されていることを背景に良好な資金調達環境が続くことが見込まれるなか、スタートアップ企業にとって資金調達手段としてのIPOの魅力は薄れるような気がしています。
一方、投資先を選別する動きも強まっており、資金調達環境が全てのスタートアップ企業にとって良好であるとも限りませんし、スタートアップ企業にとってのIPOは資金調達手段というよりも、VC等の投資家のマネタイズ手段としての色彩が強い面もあり、IPO件数が減っていくと単純には言えないとも考えています。
警戒されていた二番底懸念がなくなりコロナ前高値を試しているところなので今のうちにどんどんIPOしてしまえ!という感じですね。
確かに6月はM&A案件が動き始めています。

4月、5月は、潤沢な資金の持ち主(元からの資金持ち、資金調達者、含む)が、「コロナ禍だから安値で事業買収できるだろう」という思惑での買い需要が強かったです。

一方で、売主サイドとしては売り決断をする方は少なかった印象があります。
こと中小・零細企業のM&Aにおいては、売主が売りの決断をするのは次にやりたい事業が固まっているケース(そのための軍資金確保のための売却)が多い印象ですからね。



4月、5月は時が経てばどうにかなるだろう、との想いから静観→6月に入り、いよいよ本格的に別の事業展開をしないとまずいと動き出す→売却を検討→商談へ。
そんな流れと踏んでます。
コロナで経済が完全に停滞しているのに、不思議なことに株価、さらにM&A投資は活況。経済対策のための金融緩和が投資に回り株価、M&Aを支えているという実態に伴わない現状だ。どこかではじけないか、不安は残る