新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以下の部分がポイントですね。とはいえ、商業的なものと切り離しては考えられない部分もあるため、そこをどうするかが今後の鍵となるでしょうね。

(以下、記事中から引用)
ミュージック・アーバニズムが取り組むべきは、このような課題であり、携わりたいと希望している都市コミュニティ側に向けて、競争力を生み出すことです。音楽は、私たち皆の中にある、最も個人的な芸術形式であり、世代や文化、宗教や人種の違いすら超えていく存在です。

しかし、水と同様、音楽も再生可能資源ではありません。影響力を持ち、栄え続けられるかどうかは、土地利用、資源配分、コミュニティが携わる政策などにかかっています。そして、商業面から一歩退いたところで、音楽の役割を探求していくのが、新たなアプローチではないでしょうか。アーティストの商業的な成功や、音楽の消費額の拡大に加えて、音楽のあるより良い都市空間をつくりあげることが、ここでの目標なのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「ミュージック・アーバニズム」に関する良記事。