新着Pick
298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「エコロジーへの関心が高まり、風呂敷が再び注目されるようになった」ということが、ここ10年くらい言われ続けているような気がしますが、確かに今は風呂敷業界にとって大きなチャンスともいえるでしょう。

風呂敷と似たような「方形の包み物」の伝統文化をもつ国は、アジア、中東、南米などに広がっています(日本と同じく、浴場に着替えを入れて持っていくのが始まりという共通点があったりして興味深い!)。
これらの地域は日本よりも早くにレジ袋が有料化・全廃されていたりするところも多いのですが、今のところ「方形の包み物」への回帰はあまり観測されておらず、やはりレジ袋の代替としてはエコバッグが主流です。だからこそ、うまく仕掛ければ風呂敷文化は世界からみてもクールに映るかもしれません。

しかし、風呂敷だからといって必ずしもエコではありません。合成繊維で作られていれば洗濯時にマイクロプラスチックは出ますし、染色方法がエコでないものもあるかもしれません。購入時の見分け方を含めた普及活動が望ましいと思います。
私も風呂敷派です。(今はないですが)出張には必ず4ー5枚パッキングに使っています。
こうして日本文化が再注目されるのはとても嬉しい。

いつも念のために、でバックの片積みに入れておくと不意の時にとても便利。たたむという行為。再利用という行為。形作るという行為。
送るときの相手先への礼儀。
奥が深いです。 地域の伝統産業も守れたり。風呂敷から始めるSDGsとかいいですね。
着物や羽織をほどいて風呂敷を作ると良いですよ。手作りマスクの影響でミシンを購入された方も多いですし、次は手作り風呂敷にチャレンジしてみては。
私はアンティーク・リサイクル着物の収集が趣味なのですが、気に入った柄の着物に出会っても、裄丈が短くて仕立て直しても着られそうになかったり、目立つところに染みがあることも少なくありません(そうした場合は、大概1枚数千円と安価になっています)。着られそうにないけれど素敵な柄の着物に出会ったときは、風呂敷などにリメイクすれば、違った楽しみ方ができるのでお勧めです。
ちなみに私は古くなったTシャツなども、割いて布草履を作ったりしています。再利用の世界は奥が深くて楽しいですよ。
レジ袋を使わない、捨てないが定着する第一歩として風呂敷が見直され、使われるようになるのは良いですね。コンビニのレジでさっと出すには向いてないような気もしますが、スーパーで購入したものを包むには良いように思います。結び方を覚えてしまえば、手間はほぼかかりませんし、コンパクトさを売りにしているエコバックを元どおりに畳み直すよりはラクかもしれません。

文化の見直し、再評価という意味でも風呂敷ユーザーが増えるのは良いと思います。風呂敷がマイボトルと同じくらい定着していくのか、一過性のトレンドで終わらないかは注目したいところです。
う~ん、大きな需要に結びつくかどうかは微妙だと思います。

風呂敷をうまく使いこなしているのが、検察官です。

事件によって分厚い記録があったり薄い記録もあります。
また、複数の記録を持ち歩くときでも、風呂敷だと自在に包み込んで運ぶことができます。

紙の書類のようなものは便利ですが、食料品などを購入するときは不便ではないでしょうか?
気分的にも新しいレジ袋に入れた方が安心できるのは私だけ???
エコかどうかはさておき、純粋に風呂敷ユーザーです。PCなどのホコリ除け用にも風呂敷。会社のPCに風呂敷がかかっている時は年休か出張です。数m先からも視認できて便利。
風呂敷がいずれ来ると冗談で言っていたら本当に記事になってて戸惑っております。

何枚か持ってますが、パインアメふろしきが(ごく一部に)評判が良いです。
https://mag.japaaan.com/archives/79192
日本の文化が、見直されていることは良いことですね。
エコバッグを持ち歩く人は、どれくらいになるのか、なったのかを、小泉環境大臣が堂々と発表されることを期待しています。
風呂敷と言えば、小池知事です。
https://note.com/tetsuji178/n/ndc54aff386db
なんでやねん、と思う一方でマスクがファッションとしてこれだけ受け入れられる世の中はコロナの前には誰も想像しませんでした。
大きな力が強制力が働くときに民衆は新たなツールを楽しみ始める、というのはひょっとしたらこれまでずっと繰り返されてきたことなのかもしれませんね。
withコロナ時代の感染対策を考えれば、エコバッグや風呂敷の類の推進は逆行です。英国やドイツはレジ袋をむしろ無料化しました。米国では行政命令でエコバッグ禁止とする州も多いです。流れは変わりました。

これはコンビニやスーパー等のエッセンシャルワーカーへの配慮です。店は客や感染源の可能性を拒否できません。感染拡大の可能性を地道にいかに潰していくか、ニューノーマルや新しい生活様式の基本中の基本です。

この手の推進派は、コンビニ店員が不潔なエコバッグや風呂敷を差し出されても、環境保護だから我慢しろとか、客に詰めさせろとか主張するのでしょうか?時代錯誤が甚だしいか、自己満足や自己完結の迷惑な強要です。

蛇足ながら、いわゆる「環境利権」なら否定しません。利権はひとつの合理であり、経済活動の活性化は感染症対策と並び重要ですから。そのかわりに、風呂敷の普及がどのていどの経済的インパクトかを明示して欲しい。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.16 兆円

業績