新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最大500人というのは桁違いですね。

大学のマスプロ授業の最も大きな教室を使って、収容できるかどうかという規模です。

双方向は難しいかも知れませんが、予備校、専門学校、その他一方通行で間に合う講義がリアルタイムでできてしまいます。

これと少人数の双方向の遠隔授業を組み合わせれば、リアルキャンパスのない大学ができてしまいます。

予備校や専門学校もしかり。
地方の受験生にとっては、とりわけ大きな福音になるでしょう。
この辺のエンタメ的な使い方が大きな差別化になると思う。フィルターやエフェクトの多様性は日本ではマストだと思うな〜


グループ通話で「みんなで見る」機能を利用すれば、ビデオ通話で画面をシェアしたり、YouTubeを見たり、大勢で同じコンテンツを見ながら会話を楽しんだりできる。スマートフォンでグループビデオ通話中には各種フィルタやエフェクトなどを使用して雰囲気を変えて会話に参加することも可能。
LINEは、何を実現したいのでしょう?

LINEで500名のセミナーを開催したいというニーズがあるのでしょうか?

基本スマートフォンで使うアプリで、資料を画面共有するのでしょうか?

LINEの良さは、プライベート性だと理解している私にとっては、何故、このような戦略に出るのか、全く理解できません。

単に理解力が不足しているだけかもしれませんが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績