新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはどうなんでしょうね。静岡県のウェブサイトにある「これまでの経緯」の最後には、http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-020.html
>未だ検討が不十分である47項目を「引き続き対話を要する事項」として取りまとめ、9月30日にJR東海に送付いたしました。
今後は、「引き続き対話を要する事項」について、県民の皆様の不安が払拭されるよう、専門部会において、JR東海との対話を進めてまいります。

とあります。
地方自治体の行政手続きとして、いつ結論を出すのか、「県民の皆さまの不安の払しょく」は例えば県民のうちどれだけが賛同すれば払しょくされたとするのか(100%なんていうのはあり得ないでしょうから、一定程度の割合になるでしょうが、それをどう測り、判断基準は何%か)といったような、許可に向けたプロセスも示さないと、結局知事の判断ということになってしまいますよね。
地方行政あるあるであり、原子力の稼働に関する合意も同様なんですが。

ネットを見ていても、静岡県の姿勢に対して批判の声が多くあるのは行政手続きとしてプロセスが見えづらく、ゴネているという印象になっているように思います。
確かに、南海トラフで東海道などの基幹交通インフラがやられたときに「リニアがあれば・・・」ということになる可能性もあり得るでしょうし、莫大な費用を投じて国家的なプロジェクトとして進めているものがとん挫するダメージもいろいろあるわけです。「だから地元は我慢しろ」では絶対にありませんが、行政なのですからプロセスの透明性は示していただければと思います
本件、専門家ではありませんが、本質は双方のコミュニケーションの問題に帰着すると思われます。
現在の土木技術をもってしても、絶対はありませんし、そうであれば、何かあったときに何をどのように補償するのかという対策とのセットでなければ地元は首を縦には振らないでしょう。
地元の感情を端的に示したものとしては以下静岡新聞のサイトが参考になります。
https://www.at-s.com/news/special/oigawa.html

トンネルと水の関係については、日本では丹那トンネルがまず代表例として挙げられます。熱海と三島をつなぐトンネルですが、工事の際に大量出水がありつつもなんとか完成しました。ところが、真上にあった丹那盆地の地下水が抜ける結果になってしまい、水田が維持できず、やむなく酪農に転換したという歴史があります。丹那盆地には南北に断層が走っており、断層とはすなわち破砕帯であり透水するために一般に水を多く含んでいます。断層をまたぐのかそうでないのかというのは土木工事にあたっては重視すべき点です。
映画「黒部の太陽」でも破砕帯による出水が表現されておりご存知の方もいらっしゃると思います。黒部のトンネルは真上に特に河川などがないにも関わらずあの出水ぶりでしたから、今回も普通に工事すると凄まじい出水があるものと懸念されます。土木技術の進化がこれにどの程度抗えるのかはやってみなければ分からないのが本音でしょう。

いっぽうで、JR東海は南アルプスを貫通するという中ではおおむね現実的と言ってよいルートを選んでいるようにも思います。地下に火山性の水脈がありそうな、山梨県や長野県側の温泉地や、破砕帯により多くの水がありそうなダムの周辺は回避できるようなルートにしています。南アルプスを貫通するという前提の上では、分かりやすいリスクについてはきちんと回避しているとみなせます。

お互いがきちんと腹を割って話をし、また理解しあおうという姿勢がないことが一番の問題点ではないかと思われます。
感情的なもつれも伺わせるやり取りです。工期の見直しは避けられないと思います。静岡県は関係市町村の同意も取り付けており、知恵を出してやり方を変えないと事態は変わらないと思われます。JR東海はコロナ禍による売上激減、それとリモート社会の到来でリニアの必要性そのものが議論に上がる状況の激変に大変だと思います。JRの中でも利益率抜群の優等生が初めて直面する難題です。
まあどっちにしても今のJR東海の状況だと財務的にもリニア建設はリスクあるかもね
新型コロナウィルス後の社会でも、果たしてリニア新幹線のニーズはあるのでしょうか?

様々な利権があるとは思いますが、延期または中止して、その予算を経済復興に使うなど、柔軟な対応ができれば、すばらしいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
大井川は、利水・治水のダム開発等が次々と行われて、30年前に水枯れとなり、その後水を取り戻したという歴史があるようですね。

今回のポイントは
・工事中の約7年間の間、傾斜工事のため、最大毎秒2トンの水を失ってしまう。
・トンネル完成後は、毎秒2トンの水は、導水トンネルにより大井川に返され、元通りになる。
・工事期間中の毎秒2トンの流水では大井川は枯れないと推定される。
・水源や川の上流での工事は何時の時代でもトラブルことは確実。
となります。

現在も山梨県の水力発電田代ダムに、毎秒5トンに常時提供していますが、それほど問題になっていません。また、大学の専門家など入っていろいろ議論がされているわけですが、工事中に大井川が枯れないという100%の確信がないというところでしょう。ただ、逆に科学的には、自然現象を100%で証明できないものです。
静岡からすれば停車駅にならないのになぜ協力しなきゃなの?が県民の根底にありそう。リニア新幹線の停車駅→品川、相模原、甲府、飯田(長野)、中津川(岐阜)、名古屋
双方いろいろな言い分があるのでしょうが、単純に残念です。
コロナ下でJR東海としてはありがたいブレーキだったりして、、、
川勝平太 って本工事の反対のために付けられたような名前ですね
東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、英語: Central Japan Railway Company) は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道(国鉄)新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.84 兆円

業績