新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonのような時代の変化が激しい中でずっとサイトの更新していると、もはやツギハギだらけで正直使いやすいのかどうか分からんけど、利便性が高いサービスが次々と出てくるのでユーザー側が合わせに行ってる気がする笑
常に変化に対応してきた証ですね。

これはUXデザインだけでなく、
マーケティング全般、
いや社会でサバイバルして行く事
全てに当てはまる事だと思います。
基本的に「テキストで検索する」という意味では、amazonも旧体制派ですよね。Googleなども同じです。

新しいタイプはInstagram、Pinterest、TikTokなど、欲しいイメージから検索するものです。

amazonも、そう遠くない未来に、そちらの方向にUIが移行するのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazonは使いやすさというUXではなく、ドンキホーテ的な探索する楽しさと、最強のレコメンドシステムが優位性になっていると考えています。

そしてワンクリックと物流システムこそが最強の発明。
15年くらいの間にタブにも変化があったのだなと改めて。
企業の商品ラインナップが増えて行くことや、時代のニーズの変化、そして主力が変化していくことなど多くのことが読み取れそうです。
これはピックしておかないと!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績

業績