新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
複数の取引を積み上げることで大きな取引を取るという流れは世界的に否定されています。
複雑に絡み合っていて俗人化し、既得権益となりがちだし、結果税金が効率的に使われているのかもわからなくなります。

誰と取引をすべきかという判断を行政側でできる人材いるのかと懸念もありますが、一つの取引ごとの適正化をした方がシンプルで見えやすいので、公的機関の決定はシンプルにしていくべきと考えてます。

普通に考えて、資金管理という取引だけをシンプルに選ぶ場合に、ほかに影響しないのであれば、無料で提案するという愚行をするのは基本的にありえない。
新興勢力で実績積み上げるための広告宣伝費と割り切る場合くらいでないでしょうか。

トップ銀行が一つづつ健全化させていくのは、真っ当なことだと思います。
預金を預かれば利鞘で儲かった時代は遠く去り、今では余った預金を日銀に預けたらマイナス金利を取られて損する時代。かつては現場が競争相手と見做して敬遠していた系列証券会社に預金を回すよう銀行員が顧客に勧め、預金を減らす努力をしています。マイナス金利政策が金融仲介機能を歪めると言われるけれど、銀行が“金庫番役”を受けきれなくなったのもその弊害の一つでしょう。自治体の上にある統合政府が進めた異常な金融緩和と低金利の結果です。タダでやれという自治体のほうが「えげつない」とメガバンクは思っているんじゃないのかな・・・ (^^;
短期的には合理的な行動に見えますが、これまで何十年もの長い間、コスト差し引き後の金利で預かる預金を右から左で国債を買うだけで儲けてきた銀行が手のひら返しをするのは、公益企業の行動としては疑問符がつきます。まずは自らの巨額の固定費を削減してはどうか。
民間企業は株主のことも考える必要があり手数料が折り合わないのであれば仕方ないのではないでしょうか。ゼロ金利になりだいぶ時間もたっていますし。

国債のプライマリーディーラー資格も返上しています。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN0YU0NN%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAa-CgvG165KDtQGwASA%253D
地方に根を張っていた時代の名残りで指定金融機関を受託していたところが、メガバンクになり重要性が低下たので返上するケースもあるだろう。
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
5.59 兆円

業績