新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生協の流通規模は2.7兆円でその大半が配送によって賄われています。2.7兆円は生鮮販売最大のイオンの2.2兆円を超える金額と巨大。

彼らの強みは何と言っても1週間前にオーダーを受けることによる、(1)配送ルートの徹底した効率化と(2)リーンな在庫オペレーション実現による、低コストの運用。前日や当日オーダーが基本のネットスーパーとはそもそも提供している顧客価値が違います。

他方、注文のデジタル対応は進んでおらず、未だカタログ注文の依存度が高く、特に若い世代の顧客に対しての適切なソリューションに進化していけるかはまだ未知数かと思います。(忙しい共働き世代が使えるサービスにはなっていない)

弊社10Xもネットスーパーの利便性向上やコスト低減支援に取り組みつつ、生協のデジタル化支援も同時に視野に入れ、日本の生鮮EC市場の成長・ユーザーの利便性向上を全力で推進していきます。

生協については弊社代表矢本のブログにもまとまっているので、こちらもご参考です。

https://yamotty.tokyo/post/20200421/
Yamadaさんのコメントと併せて見ていただきたい記事(有難うございます!)
我が家は昔から生協使っている。習慣化が効いていると思っていて、毎週1回、また記事にあるように独自商品含めて定期的に買うものがあり、生活サイクルに組み込まれている。
一方で、スーパー→コンビニに消費がシフトしたのは、高くて品数が少なくても、いつでも好きな時に近くにある利便性ゆえ。元々習慣化した層を崩すのは難しくても、習慣化していない層で特にECで自分が欲しいときに発注するという行動には、新規参入者の方が合うと思う(ただオペレーションも経済性も異なってくるだろう)。
ネット化によって、以前はメディアはリアルタイム(テレビ・ラジオ)、毎日(新聞)、週・月(雑誌)と別れていたものが、どんどん更新頻度が高まって競争が高まった。一度リアルタイム性が高まった習慣を体験した時に、それがマジョリティの消費構造の「当たり前」をどう変えるか。ここが競争の論点だと思う。またスーパー・コンビニ・宅配のすべてで、宅配シフトが不可逆に大きく進む場合は、物流拠点としての整備が重要になると思う(Walmartの強みの一つは物流×商圏だったりするので、物流は昔から小売の典型的な競争要因の一つ)。

なお10Xは先日ヨーカドーのネットスーパーアプリの立ち上げの裏にいる会社。Stailerというネットスーパー等を開発不要で立ち上げるサービスを提供されている(ホワイトラベル+API連携、というイメージだろうか?)。
https://10x.co.jp/news/posts/?id=2020-06-15
週に一度の注文ながら、注文のし辛さと欠品問題。新規参入企業はデイリー配送の領域が多いですが、今後まとめ買い注文の領域でどう包み込んでくるかは楽しみです。配送効率を高めて価格優位性が出てくるのも期待です。
新型コロナウイルス後は欠品が非常に多いです。メーカーや産地での生産不足に加え、利用者の急増が影響しているようです。

昔は同じ地域の人と班を作って、宅配時はみんなで待機しておく必要がありましたが、最近は個別の家に届けてもらえますからアマゾンなど他のサービスと変わらないですもんね。
商品への安心感も大きな強みだと思います。
これは気になる話。
うちもパルシステムを以前から使っていて、外出自粛期間中は、結構主力商品が品切れで頼めない的な話を妻から聞いていたのですが、やっぱり現場はめちゃめちゃ大変だったんですよね。

最後の「この間の一斉休業要請や外出自粛要請により日常生活が困難になった方々が多数おられます。人々の助け合いによりつくられた生協として、新たに加入を希望する方を拒むことはできません」という逸話には考えさせられます。

ビジネス的には既存顧客の満足度と新規顧客獲得のバランスをどう取るかというのは、企業によって議論があるテーマですし、私は既存顧客優先派なんですが。

今回の状況で、困っている新規顧客の加入を阻むというのが、生協の立ち上がりの理念に反するのだとしたら、どちらを優先するかと問われるとパルシステムの判断は正しいと感じます。

実際、この判断の背景が既存顧客に届いているかどうかで、今後の離脱率が変わってくると思うので、結果はこれからだと思いますが、やはり緊急時こそ創業の理念が問われるなと感じる逸話でした。
何をもって「amazonでも勝てない」と言っているのか論拠不明の記事です。

「生協」の良さを記載するのであれば、定量的に記載すべきであり、感覚的に「すごい」「頑張り」「助け合い」という表現では、「生協」の、本当の良さや強みが伝わりません。

現状の人海戦術からの脱却に関しては、amazonから学ぶことができれば、更に「生協」の魅力が増すのではないでしょうか。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
パルシステムを利用していますが、コロナ自粛真っ只中の5月上旬に配達の方に聞いたら新規入会の人は配送可能まで3ヶ月待ちとおっしゃっていてびっくりした記憶が。
パルさんはアプリで注文ができるので助かってます!
【経済】生協と言ってもいろいろな種類があるのだけど、私は生活クラブ生協を利用。居住地によって扱う商品が微妙に異なるのだけど、生活クラブは「お肉が美味しい」のが伝統的な特徴だと思っている。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績