新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日の話だけでも、3回シリーズぐらいにしてほしいほどのすごく濃い内容と感じました。いろいろあるのですが、個人的には「やる気のない社員はどんどん辞めていき、社長がそこまで頑張るなら一緒に頑張ろうという社員だけが残ってくれました。」ところになります。苦しいときに一緒にやれるかどうか、仲間って(おそらく夫婦も)そういうことかなと。
出前館・中村利江会長の連載第5回です。
ーーー
新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続き、フードデリバリーサービスが急伸している。業界のトップランナーが出前館だ。2020年5月の第3Qまでのオーダー数は2,605万件(前年同期比125%)、加盟店数2万4000店(同125%)、直近1年以内に利用したアクティブユーザー数も370万人(同128%)と、利用が拡大している。

成功へ導いたのが、中村利江会長だ。リクルートで営業職としてバリバリ働き、再就職したハークスレイでも抜群の企画力で、女性初の管理職に。そして2億円の借金ごと創業者から出前館を引き継ぎ、見事な経営手腕で上場企業へと押し上げた。最近も機を捉えた先行投資や、LINEとの提携強化などで注目を集める。

カルチュア・コンビニエンス・クラブのカリスマ創業者の増田宗昭氏から「女増田」と評された中村会長が抱いてきた経営哲学とは。(全7回)

■第1回 急伸デリバリー、トップ自ら配達員を務める
■第2回 リクルートで身につけた仕事の基本
■第3回 リクルートで年間MVPを獲得した営業術
■第4回 ほっかほっか亭で社長賞を受賞した企画・PR術
■第5回 社長就任、給料10万円で誰よりも懸命に働く
■第6回 CCCカリスマ創業者に「女増田」と呼ばれて
■第7回 トップに復帰、立て直しのために取り組んだこと
コンセプト→実装→利用→浸透。コンセプトは良くても実装するという行動とは大きな差があるし、実装したものが利用されるかは顧客視点が必要だし、浸透するためにはそれが幅広く受け入れられる必要がある。
技術や社会の変化はチャンス。一方で人間は全員が変化に必ずしも敏感ではないし、変化の兆しがあっても実際は潰えることがほとんど(記憶に残る変化は最後まで行ったものがほとんどなので、生存者バイアスがかかっている)。そのなかで、出前館はネットの顧客(買い手)と店舗の顧客(売り手)の両方がいるなかで、それぞれが求めるインターフェースが違って、そこをちゃんと手打ちしただけでなく、チラシを店舗の代わりに作るなど「あの手この手」で浸透まで行っているのが本当にすごい。
そして社長に限らないが「社長は企業のエンジン、弱音を吐かず前向きな発言を心がける」というのはとても共感する。前向きな発言だけだと周りは動かないし、必死感だけで動くだけでは未来が見えずに周りは続かない。自分の好みはあるだろうが、体感的にも行動と方向の両方を伴っているリーダーが率いる組織はどんどん進化するし、そうでないところはどこかで停滞していると感じる。
チャンスは、自ら行動を起こした人にしか来ないということを改めて感じる良記事でした。採算を考えたら、社長という重責を受けられないと考えつつも、死ぬ訳ではないから…やってみようと思える勇気は、覚悟に繋がる。覚悟ある人の想いは伝播する。同志が集えば、苦難も乗り越える熱量が生まれる。
この仕事へ打ち込む姿勢に中村さんの"生き様"を感じました。現況への不満を言い訳にせず、先を見て、実践できるリーダーの姿に人は魅了されますね。背中で語れるリーダーの手本となる方だと思いました。赤いキャップもお似合いです!
可能性に賭けてみる感覚すごくわかります。
このままでは今の何割増しかはできても、大きく成長することが難しいと感じることが多々あるので、将来大きく伸びる可能性に懸ける感覚は共感します。

個人の枠でやっている商売の場合は何倍にもなることはないので、レバリッジをきかせたいなと思うことは多くの局面であります。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
2,616 億円

業績