[ワシントン 2日 ロイター] - 米商務省が2日発表した5月の製造業新規受注は前月比8.0%増と、前月の13.5%減から持ち直した。製造業が好転していることを示唆した。ただ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により世界経済が低迷し原油が値下がりする中、設備投資は第2・四半期も落ち込むとみられる。市場予想は8.9%増だった。

5月の前年同月比は10.3%減だった。

米経済の11%を占める製造業は持ち直してきているもようだが、各地の事業再開に伴い新型コロナ感染が急増しており、初期段階にある回復を脅かしている。

米供給管理協会(ISM)が1日に発表した6月の製造業景気指数は14カ月ぶりの高水準を付けた。

5月の製造業受注残は0.1%増。4月は1.5%減少していた。在庫は0.2%増。出荷は3.1%増加した。

受注の内訳は、輸送機器が82.0%増。4月は48.9%減少していた。自動車・同部品は28.3%増。機械は0.5%増。電機・家電は1.0%増えた。

民間設備投資の先行指標とされる、資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財受注は1.6%増。

国内総生産(GDP)統計で企業設備投資の算出に使われるコア資本財の出荷は1.5%増。速報値は1.8%増だった。エコノミストは設備投資が第2・四半期に5四半期連続のマイナスとなるとみている。

米アトランタ連銀は第2・四半期のGDPが過去最大のマイナスとなる年率36.8%減と試算している。第1・四半期GDPは年率5.0%減と、2007-09年の景気後退(リセッション)以来の大幅な落ち込みだった。