新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ前からカウントダウン状態でしたから、会社としてなんらかの策を打たなけれはいけない事は明白でした。
しかしながら、社名=本業の事業を売る決断には、かなり驚かされました。
譲渡先が、従来からの支援企業ではなくファンドに決定したことからも、今後の経営ビジョンについての疑問を個人的には感じます。
これから「いきなりステーキ」は、大きな挑戦に向き合うことになるとこのニュースからも思います。価値とは何か、事業とは何か、理念とは何か、そういう原理的な問いを、具体的な日々のビジネスの中で問われる本当の戦いが始まろうとしているのだと思います。
先日、カンブリア宮殿で、すかいらーく創業者の横川さんと、いきなりステーキを経営する一瀬さんの対談があり、大変興味深く観ました。
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/cambria/vod/post_197987/
あまりの面白さに、こんなものを自分でもnoteに書いたのですが( https://note.com/motokazuudagawa/n/n1e785884df33 )、一瀬さんは決して傲慢な人ではないと感じました。
ただし、彼の視野には写っていないものもあります。もちろん、全てを見通すということは、何も見えないことを意味すると思いますので、写っていないものがあるのは良いことです。それがその事業の味わい、特徴を作り出すからです。
しかし、写っていないものをどのように見ようとし、それを事業に反映するか、そこがこれから本当に問われます。
厚切りステーキというジャンルを日本で確立したことの意義は大きいと思いますが、これがいかなる意味を持っているのか、退路を絶って、その再発見の旅が始まるのだなとおもいました。
オーナー企業らしく、成長(拡大)期に強さを発揮したペッパーフードサービス。

いきなり!ステーキはちょっとムリが祟りましたよね。おそらくガバナンスが効いていないんだろうな~と匂わせるオーナー企業ならではの弱さが露呈した印象です。

でも、シンドくなったときはまずは資産を売却してキャッシュに変えるのが守りの戦略の鉄則。これが従来の日本企業にはなかなかできない芸当でした。

そういう意味で、祖業の売却というメスの入れ方は、思い切ったなぁというポジティブな印象です。

さて、いきなり!ステーキをどうやって再建するのでしょうか。最初は「ありがたみ」があって通ったものですが、これだけ増えると、ありがたみをまったく感じないんですよね。

一度傷ついたブランド・ロイヤルティって戻すのが大変。
でも、まだ財布の中にプラチナーカードを忍ばせているくらいの隠れファンな私は応援しています♪
ペッパーといきなり、材料仕入れ、在庫共有のシナジー大きそうだったが、ばらして問題ないのだろうか?
業界にいると結構前からファンドに売却という話が以前から上がっていましたがいよいよ。積極展開による業態陳腐化はあるので引き続き縮小の流れは続くと思いますが、改めて立地見直しが進めばと思います。
地味で堅実なペッパーランチを売却して、事業してはあばれ馬と言っても良い「いきなりステーキ」に賭ける姿勢はあっぱれ。
100キロ食べてダイヤモンド会員である私としては応援せざるを得ない。
いきなりステーキは店舗の拡大戦略もそうだが、それに伴う従業員教育、やたらに種類が増えてメニューが迷走したことなどが今の苦境の原因だと思っている。
原点に返って、目の前で肉を切り、立ったまま食べさせるスタイルに戻るべき。
そうすれば再び勢いを盛り返すと確信する。
エスフーズ村上氏への20億円の返済期限が7月31日、どんな担保を設定していたのか不明ですが、返済期限死守のために少しでも高値を付けてくれた先を選んだ、ということでしょうか。
業界内にいて、1部上場後の社内の高慢さが耳に入ってきていましたので、創業者、ボードメンバー、社員が再建に向けて一致団結できるかが鍵だと思います。
ペッパーランチ事業の売却先が国内投資ファンドJ―STARに決まったようです。

「ペッパーランチ」売却へ 「いきなり!ステーキ」立て直し(共同通信、6月18日)
https://newspicks.com/news/5000100
コロナ自粛以前から“いきなり“の方が逆風のイメージがあったので、ペッパー売却は意外です
売りやすい方を売ったのか、とにかく再建に期待です!
エスフーズの村上真之助社長からの借入金20億円はこの段階で返済ですね。
株式会社ペッパーフードサービスは、同社が経営するステーキを中心としたレストランチェーンであるペッパーランチをはじめとした外食産業企業で、東京都墨田区に本社を構える。 ウィキペディア
時価総額
147 億円

業績