新着Pick
894Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々な意味で感慨深い。例えばテスラが明日この世から消えても正直人類はさして困らないと思うが、世界津々浦々で途方もない台数の乗用車から商用トラックまで走らせているトヨタが消えたらパニックになるだろう。

がともかく色々言ってもテスラは偉業だろう。4年前のモデル3が、フォードにとってのタイプT(T型)だったのだろう。
つまりは量産の成功。

ただしテスラは特別。ハイエンドのラグジュアリーカー。これをもってEVが車にとってのPC革命だスマホ革命だというのは違うだろう。
内燃式からの自動車エネルギー革命は、単3より一回りデカいリチウムイオンバッテリーを数千本乗っけて3トンの鉄の塊を走らせるなどという方式ではけしてないだろうし、それこそサステイナブルとは到底思われない。

おそらくマスク自身、よく判っているのでは。次はテスラで、あるいは別のスタートアップで、マスクが別のエネルギー方式でクルマをリリースする事を夢想したい。
バブルと言い続けてオオカミ少年のようになっているが、バブルだと思っている。
下記は1月に、時価総額9兆円、GMとFordの時価総額合計を上回ったときに、何を織り込んでいるのかを考えた際のコメント。
https://newspicks.com/news/4525586

そこから時価総額が倍になっているので、20兆円ベースでもう一回考えてみる。
長期で自動車企業のPERを10倍として(大手は7-8倍が大きく、トヨタなど一部メーカーのみが10倍超)、年間純利益2兆円。税率3割として税前利益2.9兆円。
税前利益率を5%とすると売上高58兆円、10%として29兆円、15%として19.3兆円。Model 3が広がっていることを踏まえて平均単価を600万円とすると、必要台数はそれぞれ967万台・483万台・322万台となる。現在の年間生産台数が約40万台。
市場予想を見ると2021年12月期は2020年12月期売上予想から+40%ほどの3.8兆円の売上予想になっている。これをベースに上記の売上はそれぞれ15倍・7.5倍・5.1倍という水準。ざっくりだが、現在の時価総額はこういう成長と収益性を期待しているということ。
例え成長率でプレミアムを乗せてPER20倍としたとしても、売上10兆円ほどが必要。でもプレミアム専業のBMWの売上がようやくそれくらいだし、時価総額は約4.5兆円。おまけに売上成長には台数も必要だしプレミアム市場はスケールには限界がある。そうすると今度は利益率を削るのか、という話になる。
織り込んでいる未来は、あまりにバラ色だと思う。まぁ未来がバラ色だと信じられるから、こういう株価になるわけでもあるが…ITバブル以降もITは成長したが、株価はピークからボトムで約1/4(MSとかも約1/3、2009年の底ではピークから1/4に)。
こうなることは予測済みのことで、ここで感じなければいけない気づきは「テスラすごい」以上に「日本やばい」だと思います。

家電に続き、世界No1領域が奪われて、日本は今後世界でどのようにイニシアチブを発揮していくのか。

戦後日本のような自分達の敗北を認め、ゼロリセットから主体的に立ち上がる気概を持つ人が何人いるか。

健全な危機感を持って世界に挑戦していくことが求められていると思います。
たしか去年のデータだと、EVの販売は伸びていないが、TESLAのみ伸びているという感じだった。

主要メーカーがいよいよ本格的にmodel 3対抗のEVを出してきているけど(nissan.VWなど)、その辺の趨勢がどうなるか、非常に見どころ。

現在の時価総額は期待値込みでの額であることは間違いないと思うし、
街中自動運転を2019年中に出すと言いながら全然でないとか、
言ってたことと違うやん、みたいなことも多々ありつつ、やっぱり
TESLAの先進性は素晴らしいし、EVの要件はTESLAが固めたと言っても過言ではないと思う。
今後も期待しています。

あと、Model 3より一回り小さいの出してください。
テスラの時価総額が2072億ドルになり、トヨタの2019億ドルを抜き、自動車メーカーとして界トップになった。EVしか作っていないメーカーが時価総額トップ。先月にもテスラが時価総額でトヨタを抜くというニュースがありましたが、これはトヨタの自己株を除いた額。今回はそれを含めてテスラがトップに。

米テスラが時価総額で自動車世界一、自己株分除けばトヨタ抜く(Bloomberg.com)
https://newspicks.com/news/4992624
ESGが企業に求められていることがこのことからもわかります。投資家は、投資企業を選別している。

エンバイアラメント、ソーシャル、ガバナンス。この3拍子が揃った企業としてテスラが評価されている。

化石燃料に依存したビジネスモデルは、投資資金が集まりにくく、成長が難しいかもしれません。

ただ、時価総額と企業の体力は別物。時価総額に依存する経営は失敗することが多い。
時間の問題だったのが、ついに来た感がある。

従来の自動車産業は、燃焼系、機械系の技術xすり合わせによる全体コンフィギュレーションだったのが、エレキ、IT技術x組み立てに大きくゲームのルールが変わる。トヨタも新しい事業技術体系、オペレーションに投資をしているが、次の時代も主要プレーヤーとして残れるか?!
テスラの時価総額が2,072億ドルになり、トヨタの2,019億ドルを抜き、自動車メーカーとして界トップに。ここからはパソコンで起こったことが再現される。垂直統合型から水平分業型へ。これからEVはどんどん安く、性能も良くなる。更にソフトウェアアップデートで機能もスピーディーに改善され続ける。ここから差は開き続けるだろうな
中国最大の自動車メーカー上海汽車集団の陳虹事長は、11日の株主総会で、テスラは、典型的なSoftware Definedで、業界発展方向の参照座標系を与えると指摘。同集団も、VWと約2兆円を共同出資し、電動化、コネクテッド、シェアリング、国際化という4つのチャンスに対し、Software Defined Carと業界アップグレードを目指すという。

テスラの時価総額が高いのは、現在価値ではなく、CASEの最先端を走っていて、未来の自動車というより「未来のモビリティ」を先導すると考えられているからでしょう。
テスラはEVだから凄いのではなく、技術に対する新しい発想と100年続けてきた自動車産業の経験も生かし、トヨタとGMが作ったCA州フリーモントのNUMMIの工場を手に入れて、デザインも含めてセクシーなクルマを作っています。とくに最近のモデル3はポルシェやBMWを凌ぐダイナミックな性能には驚きです。やはり、イーロン・マスク氏は持っているなと思いました。だからと言って、バッテリーEVが世界を覇権するとは思えません。水素もあるし、合成燃料の可能性も、、、、。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.7 兆円

業績

時価総額
29.9 兆円

業績