新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビオンテックのワクチンは米モデルナのワクチンと同様、メッセンジャーRNAというプラットフォームを用いたワクチンです。

今回、未査読ではありますが、ビオンテックのワクチンの第1/2相試験の結果が公表されました。半数以上の方に副作用が見られたのは気がかりですが、いずれも短期間の発熱など軽症のものに留まり、入院を要するような重度の副作用は見られなかったようです。

また、投与量の調整により、実際にウイルスに感染した後の方に見られる抗体の平均的な量と比べ、約2倍量の抗体がワクチン接種後の被験者に見られたということで、有効性が期待されています。

ただし、実際の有効性の証明には、抗体の量ではなく、ヒトが感染しにくくなるということを示す臨床試験が必要で、今後そのような臨床試験が計画されています。

現在、このワクチンを含めて14のワクチンがヒトの臨床試験に進んでいます。特に、米国モデルナと英国オクスフォードのワクチンは今月から最終段階である第三相試験に進んでおり、着実に臨床試験のステップに終わりが見えつつあります。

引用文献:https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.06.30.20142570v1.full.pdf
ドイツのバイオ医薬ベンチャーとファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、初期の治験で「有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)」を示したそうです。