新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタならではの仕事の仕方をリモートワークでもどのように展開するのか、大変興味をひかれる。
単にオンラインで仕事のやりとりをするというだけでは、フォーマルな仕事はできるだろうが、インフォーマルな関係は構築しづらい。しかしこれが組織を動かしたり、様々な発見をもたらしたりしている。
どのような工夫をしながら、フォーマルに加えインフォーマルなつながりを確保していくのか、トヨタだけでなくさまざまな企業がここにチャレンジする事が大切だと思う。

本件とは直接関係ないが、トヨタイムズで公開された労使交渉の動画は大変反響を読んだが、今年度はどのような形になるのだろうか。
在宅勤務による生産性向上を大企業で論じるのは大変なこだろうと推察しますので、その意味ではトヨタはリーディングカンパニーとして思い切りましたね。

通勤手当代の削減や、場合によってはオフィスの縮小などコストメリットはわかりやすいですし、感染症予防目的や育児介護目的は典型例として理解されやすいのですが、それ以外で一般的に毎日在宅のほうが社員の能率が上がるケースというのはなかなかないように思います。

しいて言えば「気分的なもの」でしょうが、それは非論理的な概念でなかなか経営者には理解されにくいですしね笑
本当に在宅勤務を推進し、新しい働き方を実現したければ「CEOは会議室に行くな」と言うのを推奨しています。今のリアルとリモートのハイブリッド型の働き方で1番の問題なのは、リアル派とリモート派での情報格差や分断、一軍二軍意識が生まれること。そうなるとせっかくの多様な働き方が多様性の効用につながらない。それを決めるのはCEOの居場所です。
私が取材した3名はこう言っていました。
「会議室には行かない。全員がリモートで入る会議にしている。例え自分が会社にいても自分のオフィスからなど、どこから出ても格差がないようにしている」
タイムマネジメントで生産性向上。

会社でダラダラ働くのではなく、日常生活の中で、自分で時間管理をする。

時間を意識して働くことにより、生産性を高めていく。自分の付加価値を認識する機会になりますね。

もちろん、企業側は時間で社員を縛るのではなく、アウトプットを正当に評価する必要があります。
トヨタは、昨年初のモビリティカンパニー宣言や昨今のマネジメントレイヤーの削減の動きなど見ていても、あれだけの規模の大企業でありながら、時代や環境の変化に対して大胆な意思決定と実行をされていて感服します。

賽は投げられたし、舵は切られたと思うので、トヨタのようなロールモデルになりうる企業でも、良き働き方のニューノーマルが今後さらに広がっていくことを期待します
素敵な方向性ですね。

テレワークは選択肢を増やす行為なので、性悪説に立ちマネジメント出来ないとか業種的に難しいと主張をするおじさんや企業に、トヨタさんが動くと効果的でしょうね。
厚労省勤務時代、「トヨタが動かないと日本は変わらない」と言っていた友人がいました。
大きく期待します。
大手でも出社前提のところと、テレワークを拡充するところとさまざまなパターンがでてきた。それでいいんだと思う。今までの働き方が画一的すぎたのだもの。
ちょうど昨日トヨタの方と打ち合わせをした際、在宅を進ませていると伺いました。
他にもIT環境への投資や労働時間についてなど、働きがいが高まる施策を展開されています。

社外に積極的にアピールされる会社ではないですが、健康施策も多々展開されているようです。
これは大きな決断ですね。
これから現場で何が起こって、
どう修正していくか?
注視していきたいです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.4 兆円

業績