新着Pick
564Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
独立の旗を持っていただけで逮捕される、これが法適用の第一号というのは象徴的です。香港市民に対する中国当局の無言のメッセージにも見えます。
国家安全維持法について同僚記者が書いた解説に「統制強化に乗り出した『攻め』に見えるが、実は香港に西側の価値観が流れ込むことを脅威と感じての『守り』だ」とありました。こんな些細なことが国家安全に関わるというのは私たちの価値観からは考えにくいことですが、それほどまでに中国指導部は何かを恐れ、極端に防御的になっていると考えれば説明がつきます。
「香港国家安全維持法」の施行翌日に、はやばやと逮捕者。しかもツイッターで逮捕者と持っていた旗の写真が公開された。当局の徹底した姿勢が鮮明になった。
中国政府がかなり本腰を入れていることがよく伝わってくる。北朝鮮と同じく、何をおいてもまずは現体制の維持が最優先なのだろう。
早々に強硬な運用を始めましたね~。

じわじわと締め付けていくと思っていただけに、個人的には意外です。

香港から脱出する人が増えそうだし、反中国の香港市民は態度を硬化させ、米国をはじめとする諸国からも批判がでる・・・共産党政権にとって何のメリットもないと思うのですが・・・。
なんだか象徴的。「香港はもう終わった」というメッセージと、「中国は恐怖国家だ」というメッセージが世界に伝わる。
中国でいくら金儲けできるからといって、中国市場をあてにしたり、中国に生産拠点を設けるのは、あまりにもリスクが高すぎることをしっかり意識すべき。
自由はこうして死んでいく、、、

ロングタームで見れば自由な社会の方が繁栄すると僕は思う。北朝鮮と韓国の差を見れば明らか。
こんなことで逮捕って... あまりに価値観が違いすぎる...

香港警察は1日、香港独立の旗を所持していたとして、男を逮捕したと発表した。
国家は野心が過ぎれば色々なものを奪おうとします。それが数多くの価値観を内包することとなり、結果として国内の混乱を招く要因になるわけです。

中国は歴史上、統合と分裂を繰り返してきた国。
今回の件は、中から瓦解する第一歩であると予想します。
ここ数年の民主派の抵抗が、
特に「犯人引き渡し」法をめぐる抵抗が、
かえって中国共産党の強行姿勢を引き出した。

民主派の主張にまったく共鳴するが、
戦うことで、かえって結果が悪くなったとも言える。
現実の皮肉とを感じる。
悲しい。
ローマ帝国的覇権主義を内包した中国共産党当局の実態ですね。
今後は、ウィグルなど反発する自治区にも強制的な弾圧が強まっていくでしょう。日本国内も北海道で中国系外資に森林や水源を買い抑えられたり、新潟辺りもかなり資本注入で幅をきかせているようです。尖閣の軍事的な圧力も強化しそうですが、水面化で中国の経済戦略的な一路一帯は日本でも始まっています。将来、日本自治区に成り果てない様に、中国富裕層の爆買いインバウンドに目が眩んでましたが、コロナ渦で、見直しの時、キッチリと襟を正して彼の国に対峙しないといけません。