新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンがアパレルのPBを強化することや、ラグジュアリーサイトを準備中などと伝えられてきましたが、この、インフルエンサーによるキュレーション型のファッションブランド訴求は、大きなインパクトを与えそうですね。

今、アパレルでは在庫過剰で、最後の1点まで売り切ることが求められていますが、それを担うプラットフォームとしてのアマゾンの活用はいろいろ効果が見込めそうですね。
アパレルブランドにとって、どのプラットフォームに乗るのが一番よいかを悩む1年になるでしょうね。

最近は、欲しいものはInstagramやPinterest、そしてTikTokなどから探すと思うので、amazonという選択は、どこまで魅力的なのか?とも思います。

いかにamazonでも、難しいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績