新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまではファーウェイが中心で、ZTEは米国に課徴金を支払ったのでターゲットになってこなかったが、通信機器ではもう例外扱い出来ないということか。
各省庁が対中規制を強める中での既定路線だと思います。商務省のエンティティリストにはZTEは16年、ファーウエィは昨年にそれぞれ挙げられています。FCCも今後さらに対象を増やすかと思います。
今までから更に一歩踏み込んだ。ただ合理的な判断。いつでもバックドアを仕掛けられて盗聴のリスクはありまくる。米中関係はPoint of no returnになりつつある


米連邦通信委員会(FCC)は6月30日、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を米国の国家安全保障上の脅威に指定した。


パイ委員長はツイッターで「ファーウェイとZTEはいずれも中国共産党や同国軍部と密接なつながりがある」と指摘し、「FCCは明確なメッセージを伝えている。米国政府と特にFCCにおいては、中国共産党が米国の通信網の弱さにつけこむことを容認できないし、今後も認めない」と明言した。
中国が尖閣や南沙諸島で行っていることを見れば、当然の措置。中国製品で世界の通信インフラが構築されるなど、まさに悪夢。
株式会社エフ・シー・シー(英語: F.C.C. Co., Ltd.)は日本のクラッチメーカーである。 ウィキペディア
時価総額
900 億円

業績

中興通訊(ちゅうこうつうじん、は、中華人民共和国・深圳市に本社を置く、通信設備および通信端末の開発および生産を事業とする会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.73 兆円

業績