新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ最近は1日4万人以上のペースで感染者数が増えるアメリカ。選挙前であることが悪い方向に動く場面が散見されています。ファウチ氏は一貫して科学に真摯な態度を続けていると思います。

開発中のワクチン は治験の結果が出揃うまでは効果と安全性は未知数です。これまでに認可されたことのない新しい技術に基づく製品がワクチンレースの先頭集団ですのでその点も頭におかなければなりません。「ワクチンさえあれば!、ワクチンができる日まで耐え抜こう!」という思いを頼りにするには、感染拡大が止まらない現状を考えると望ましくないというメッセージをアメリカ全体に投げかけたいのだと思います。国全体の感染者は270万人目前です、一丸となって防止しなければいけません。

私の住むカリフォルニア州では特に南の地域での感染者数の増加が顕著で、カリフォルニア州からニューヨーク州に入った場合14日間の隔離が義務付けられる事態になりました。2ヶ月前とは状況が逆転しました。
米国・ブラジルの感染者数の増加はすさまじく、米国は全体の1/4を占めるまでになっています。日経ビジュアルデータで紹介されているインフォグラフィックでそれを感じることができます。この増加から考えれば、10万人もあながち大風呂敷ともいえないでしょう。

※入れ替わるランキング 新型コロナの国別感染者を見る
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-barchart-race/


そこまでになってもなお、マスク義務化に反対の方も多いのが米国です。

※「神様に与えられた呼吸を奪うのか」、マスク義務化に断固反対のアメリカ市民
https://www.bbc.com/japanese/video-53174118


ファウチ氏の発言は、これらの危機感からと言えるでしょう。
一方、新型コロナに対するワクチンは、新規の方法で作成されています。

※【解説Q&A】世界が血眼になる「RNAワクチン」を学ぼう
https://newspicks.com/news/4863785/body/


もちろん私も効果を期待しています。
しかし確かに、有効性がどれくらいになるかは未知数ともいえます。デング熱に対するワクチンが、接種者から重症のデング患者が発生しやすいことがわかり、使用中止となったといった事例もあります。

https://www.forth.go.jp/keneki/nagoya/id/id_dengue.html


指数関数的に感染者が増えるとコントロールが難しくなります。
有効な手段が現れるまでは、現在の地道な努力が求められると思います。
“There’s no guarantee.”とおっしゃった部分の翻訳かと想像されますが、これはまさにその通りで、だからこそ効果を確認をするための臨床試験を行っています。はじめから「当てになって」いたら、そもそも臨床試験を行う必要すらありません。これはいわば「当然のこと」です。

一方で、Dr. Fauciはワクチンの状況について”Cautiously optimistic”とも述べていて、感染者全体の8割や9割が回復している状況や再感染が数多く報告されているわけではない状況も考慮し、有効なワクチンができる可能性は高いともしています。

また、米国での世論調査によると、10人中最大で7人がワクチンを受けることに対して抵抗を示していると伝えられており、いざ有効なワクチンが承認を受けても、ワクチンを普及するところで大きな障壁になりうることが伝えられています。

この報道から勘違いしていただきなくないのは、仮に臨床試験が済み有効性が認められたワクチンが世に登場したら、それも「当てにならない」ではないということです。臨床試験を経て有効性と安全性が確認されれば、むしろ皆に接種をご協力いただかなければならないフェーズとなります。
長年続けているインフルエンザワクチンですら効果が小さいのですから、新型コロナワクチンの効果にも過度に期待することなく、新型コロナと共存する道を探るべきだと思います。
米国の新規感染者は増加の一途なのに、死者の7日間平均は4月後半の2,000人オーバーから500人まで低下してきている。専門家はワーストシナリオを声高に叫ぶだけでなく、逐次状況をアップデートしてくれないと、日本でもそうだけど求心力低下して意思決定から外される
米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長が、対策を怠れば「一日の感染者数は現在の約4万人から10万人程度に拡大する恐れ」があると警鐘を鳴らしているそうです。アメリカの感染者数増は気になりますね...
個人主義の国、自由の国である米国では、法律で罰則規定がなければ、個人の判断で行動します。

良くも悪くも、日本のような任意の自粛や、同調圧力は皆無です…

その結果、最近、周りをみると、アジア系を中心に有色人種の人たちは大半が、きっちりとマスクを着用していますが、米国育ちの人たちの一部は、マスクもしていません。

つまり、文化を知っていれば、今の政策をとれば、こうなることは火を見るより明らかなわけです。

Dr.Fauciの心中を思うと…心から同情します。わかっていても、止められない…この悔しさは、本当に大きいでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
凄まじい勢いで増えていますが、岡村さんがコメントされていますが死亡患者は増えていないのですよね。

これは、規模は違いますが、日本も同じ。

欧州でも海外渡航解禁の根拠の一つが、死亡患者数の減少です。少し乱暴な言い方ですが、タチの悪いインフルエンザ並みの扱いになっています。
もし、この扱いが妥当ならば、症例を公開して、もっと情報が欲しいと思います。
あまり報道されていないがメキシコでもかなり感染が拡大している。アメリカの感染拡大地域もメキシコと国境を接する州が多い。不要不急の渡航には注意喚起があるものの、米国籍と永住権保持者の渡航は禁止されておらず、未だにかなりの往来がある模様。
どうかご自愛を 米国のために、世界のために