新着Pick
2800Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エムスリーの株主総会は非常に面白かったです。マッキンゼー出身の谷村社長の見事な事業計画と明快なプレゼン、丁寧且つスマートな質疑応答への対応が印象的でした。株主からの質問にも、殆どご自身で回答されていました。お手本のような名経営者だなとつくづく思いました。私が参加したのは数年前でしたが、当時から「お土産なし」でしたが、にも関わらず多くの個人株主が参加するのも納得がいきました。

28万人の医師会員にプラットフォームを提供しているエムスリーが、聖マリアンナ医科大学の救急/放射線科診療における読影医チームのノウハウと、アリババのAIアルゴリズム、医療クラウドサービスを提供するNOBORのI遠隔読影システムの技術を結集して提供する新サービスも最近話題に。エムスリーの「エマージング事業群」の成長は今後ますます期待できそうですね。
日本のIT企業で一番時価総額が高いのは、実はヤフーでも楽天でもなく、エムスリーという会社です。国内の医師9割を会員に持つ、医療従事者向けポータルを運営しています。
2000年創業以来、ずっと成長を続けていますが、BtoB事業が主ということもあり、あまりその素性が知られていない会社でもあります。
NewsPicksでは今日から3日間、エムスリーを深堀りする特集をお届けします。本日はビジネスモデルのエッセンスを、徹底的に解剖します。
日本の株式市場における特異点。ずっと続くこのハイパーバリュエーション。コングロマリットディスカウントに悩む経営者が多い中でこの会社だけなぜかくも評価が高いのか。それはエムスリーがサグラダファミリアだから。いつか完成する設計図を信じさせる力がハンパない。
日本のネット界の巨人、エムスリーについてのとても分かりやすい記事。エムスリーはメディア露出も少ない中で、以前NPが骨太な特集を組んだのが強く記憶に残ってますが、もう5年も前なんですね
https://newspicks.com/news/1286363
MR君をベースとしながら、ポイントサイトになっている話だったり、治験は買収しただけでなくマッチング精度をあげることで期間を短縮した話など今読んでもどれも面白いです
その後も同じスピードで成長し、MR君の売上比率の下がりかた、M&Aによる連単比率の上がりかた、各事業の伸びかたなど全てがすごいですね。時価総額も3兆にまでいっていたとは
明日は中の人の話ということで楽しみです
ビジネスモデルやM&A手法については本当に鮮やかというか美しさすら感じます。

ただ一方で課題1にもある通り「医師が心からアクセスしたくなるプラットフォーム」かと言われれば疑問符がつくのは一定数の医師が感じているのではないかなと思います。

今は見てないので分かりませんが、たまに覗いていた頃はだいたいコメント欄は気持ちの良い場所とは言えませんでした笑

世代もあるのかもしれませんが、私の中でユーザーとしてワクワクしながらコンテンツを楽しめるのはアンター株式会社に軍配が上がります。

https://antaa.jp/
エムスリーには注目しています。この記事は既知の事実をまとめた露払いですね。エムスリーを知らない方にはとても有益ではないかと。続く連載でどう踏み込むのか。楽しみです。
M3は上場後も5倍、10倍と事業規模を伸ばしている理想的な上場後も成長している企業のお手本のような会社。
上場時点では、コアの医師向けプラットフォームとMR広告事業のシングルモデルでマネタイズ、その後医師向けの基盤を生かして事業モデルの多角化を進めて成長を実現。上場までに競争のコア(医師の囲い込み)を獲得し、上場後その土台にM&A等も絡めながら事業をどんどん乗せていった好例。
内部の方の話だと、医師の囲い込みのために、医師の子供向けの塾・家庭教師の紹介だったり、車や家の買い物のサポートだったり、徹底したサービス提供を行っている、という点が印象的。
医師を束ねたプラットフォーム。その粘着力は、記事やサービスにあるようです。COVID-19で営業が難しい製薬会社にとって、医師に直接アプローチできるチャネルは貴重ですね。
こう並べて見ると、エムスリーとLINEのJVであるLINEヘルスケア社は、Z HOLDINGSとの経営統合も踏まえて、なかなか責任重大ですね。コロナが遠隔医療相談を後押ししてますし。
知る人ぞ知るエクセレントカンパニーであるエムスリー

・時価総額3兆円、売上高1310億、営業利益率26.2%、
・国内医師の約80%=約25万人以上を会員に
・医師⇆MR両方の課題を解決
・ビジネスモデルを特許取得

業界の常識を覆す、圧倒的なシェアをとるとはこういうこと
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート

業績

エムスリー株式会社(英語: M3, Inc.)は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業である。ソニー株式会社の関係会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.83 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績