新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の働き方が多様性を持つ必要は 以前から指摘されてきた。 コロナ禍でその中の一つ、在宅勤務が急速に普及した。ただそのメリットや解決すべき課題を理解する前に導入されたため、前の状態に巻き戻る速さも懸念される。
業種や企業の規模によりできるレベルに差があって当然だが、コロナ禍を機会と捉え、本気で取り組んでほしい良い。
感染のリスクは通勤や社内にもあること、感染予防にできることから取組む姿勢は、社員・社会から評価される。
記事中には「テレワークは働き方改革のリトマス試験紙」と表現されていますが...みなさんご存知のように、当然向き不向きがありますので...

「テレワークの正しい扱いができるか否かは、ソリューション提供企業のリトマス試験紙」とも言えるのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません