新着Pick
629Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユニクロが強くなった理由と、他のアパレルと大きな差を生んだ理由を、識者のコメントで紹介しています。

記事では「突然、『ユニクロはおしゃれ』が常識になった」「突然、世間の洋服に対する考え方が百八十度変わった」とありますが、そんなわけありません(笑)。確かに、世の中の潮流や時代のニーズが大きく変わることがありますが、その動きをとらえる力、そして、動く勇気と熱意が重要だと感じました。

記事中、三陽商会幹部は、ユニクロが顧客の声に押されて急遽マスクを作ったことに対して、「経営者として節操がないですよね。でも、信念とかにとらわれず、売れると思ったらすぐにやる。今やそれが企業の生存戦略の本筋だけれど、既存のアパレルにはマネできない」と指摘。

一方、アナリストの佐々木さんの「失敗してもいいからやってみよう、という意識がユニクロ以外失われつつあった」、ファストリの社外取締役も務める名和先生(一橋大学大学院経営管理研究科客員教授)の、「消費者の生活に意味のある服を提案するという今のユニクロの戦略は、ある意味で究極の『顧客第一主義』です」と語っています。

ちなみに、「WWDジャパン」の林デスクは、6月29日号で「柳井正会長兼社長は、誰よりも時代の変化に自覚的な経営者だ」と評しています。

私も取材で、桑原グループ上席執行役員(前ユニクロ日本CEOで、現在フロントエンド本部本部長)に、意思決定について尋ねたところ、「お客さまの声が真実だ」「朝礼暮改は当たり前」「正しいか正しくないかよりも、どちらがより本質的かが重要だ」との答えに、ユニクロの強さや揺るぎのなさを見た気がしました。
価格から機能へ、機能からおしゃれへ。ユニクロ自身が変化していった。変化できない会社が負けた。Appleに負けた老舗メーカやAmazonに負けた小売業なども同様のことが言えそう。
私は、「上下ともユニクロは恥ずかしい」と今でも思います。
特に「上」は抵抗がある。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.12 兆円

業績