新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンの強いブランド力を逆手に取り、気候変動を人々に強力に意識付けるとはさすが。この気候制約アリーナを使用する事業者・団体も、気候変動対策に寄与する団体として格付けされることになるでしょう。

これまでもオリンピック等の国際イベントで持続可能なイベント開催への注目度が高まると、環境負荷の少ない運営手法の開発やエコラベル拡大などに向けて、急速に社会のインフラや仕組みが整えられる傾向がありました。
今回のアマゾンが推進するアリーナ運営の考え方やルール(例えばソーラー・パネルの利用、地元産食品の採用、公共交通機関へのインセンティブ付与、使い捨てプラスチック禁止など)も、世界のイベントをも変えていく可能性を秘めていると思います。トップランナー企業ならではの貢献の仕方ですね。
アマゾンの気候変動への取り組みが不十分だという社員からの働きかけがなければ、こうした動きに繋がってなかったのでは。競技場に広告を出すスポンサー、使用者もclimate pledge(気候誓約)への意思が求められるし、良い循環が生まれることを期待します
うまいなぁ。
「ペイペイドーム」とかよりよっぽどブランディングに寄与する。
気候変動だけでなく、ジェフ・ベゾスさんの考え方や意思決定のストーリー含めて常に思い出させる存在になるわけです。
宣伝目的で競技場にスポンサーする企業がちっぽけに見えますね。どんどん他社にも真似してもらいたい
「amazon arena」でもなく「Jeff Bezos Arena」でもなく「Climate Pledge Arena(気候誓約アリーナ)」…この広告効果は言うまでもありません。

こういったところをみると、米系企業のマーケティングとブランディングの実力をまざまざと見せつけられる感じです。

「どうすれば顧客訴求価値を向上できるか」を考えるプロ集団を持っている強みです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
どうせならシアトルじゃなくて南部のスポーツ施設にそう命名して欲しかったな
アマゾンが、シアトルにあるスポーツ・アリーナの命名権を取得、「気候誓約アリーナ(Climate Pledge Arena)」へと改名するそうです。
企業の方向性をこういった形で前面に出すのですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績