新着Pick
865Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当に寝落ちが原因なのかわかりませんが、起床時間or就寝時間どちらが早くなったのかなどいろいろ気になります。
ま?!って僕も思って他の調査もサーベイしたのですが、同じ傾向出てるんですよね。全体として、いまの20代や30代前半の睡眠時間は増えているのは間違いなさそうかと。夜通し外で遊ぶぞってノリでもないなとか、健康志向高いよなとか、スマホ寝落ち以外にもいろいろ複合的に思い当たる仮説はあります。

寝る時間が早くなっているとすれば、メディアとしてはどの時間にいちばん良い番組やコンテンツを流すべきなのか、という事業課題にもつながっていきます。
寝てないのがカッコいい時代じゃなくなった、が理由かと思います。

アンケートは、どう見られたいかに依存する部分が多く、睡眠時間は毎日違うから、なんで言っても嘘ついてる気持ちになりにくい気がします。

寝落ち?なんて、テレビ見てる時代に比べて多い気があんまりしませんが、わかりませんが。
ええねぇ
09年でも平均7時間以上の睡眠を確保できていたのですね~。

それを考えると、バブル期前後の首都圏のサラリーマンは概ね地獄でした。

通勤時間が長いし、サービス残業が多い。
いきおい睡眠時間は5時間くらいになってしまうことが多かったような。

バブル期に「美味しい思い」をしたのは不動産や株長者と若い女性たちで、若手のサラリーマンにとっては大変な時期でした。
日本人の睡眠時間は国際的に見ても短かすぎると言われており、睡眠時間が長くなっているのは良い傾向だと思います。

その一方で、アメリカの大学や大学院では、毎日3-5時間くらいの睡眠で1日中勉強するのが当たり前です。上手くメリハリをつけないと国際競争で生き残れないのも事実です。
もしスマホで寝落ちしているとすると、睡眠時間が長くなっても睡眠の質が低下している可能性があります。

スマホの光により体内時計が狂うだけでなく、寝床で何かをしながら寝落ちすることは睡眠の質の低下をもたらします。

睡眠時間が増えたというデータだけでは一概に好ましいとは言えないと思います。
データの出元がビデオリサーチというところが興味深いですね。
夜の時間帯の視聴率が下がっている背景をスマホ+睡眠傾向の変化で分析しようとしているようにも思えます。

いずれにしても睡眠時間が長くなっているというのは労働環境や健康意識が向上しているということでしょう。良いことだと思います。
「俺寝てない自慢」をするおじさんに、ますます冷たい目が向けられる世の中になってきてますね
睡眠短いと寿命が縮まるとか、鬱になるとかの記事が多く、基本はショートスリーパーの自分も以前よりは睡眠とるようになった気がします
興味深い。時間の使い方の変化が睡眠時間増にもつながっているのでしょうか。どちらにしても適切な睡眠時間を確保できる事は良い事です。