新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事に夢中になるとどんなに気を付けていても近づいてしまう。
あるいはついつい油断して距離を縮めてしまう。(縮めたい)
そこをAIがサポートする上手い使い方かと。

具体的に危険の可能性を予見して人間に判断を促す。具体的になればなるほど行動に反映できる事例。
物流拠点は肝ですがそれを止めないためにも、また外部に対する安全訴求という面でも、仕組みの訴求は大切になってきますね。
幸福のは本来、人間が距離を縮めた三密状態にあるーーとは多くの識者が語るところ。本能的に人は三密を望みますから、ソーシャルディスタンスを機械的に指示されるのは良いアイデアかと。人間って機械的に言われると仕方がないと、それ相応の対応をしますものね。
ソーシャル・ディスタンスの監視。防犯カメラなどのように使われるようになっていくのでしょうか。
本質的なことではないので、最初にお断りします。

同じの記事の中で、以下の4種類の表現バラバラに用いられています。
プロのメディアとして、これは編集でケアすることではないかと思います。
意図的に違うものを用いてあり、それを私が読み解けないことが原因であれば、お詫びします。

個人的には、ソーシャル・ディスタンスの和訳は「対人距離」が、しっくりときています。

・ソーシャル・ディスタンス
・社会的距離の確保
・社会的距離
・対人距離

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
色々なことの実験場になってもいる気がする。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
169 兆円

業績