新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「2兆円のHUAWEIに600億で勝てるか?」

IWONやオープンRANはキャリアや国でオープンに共有する技術思想があり、各社が技術を囲い込むモチベーションが薄れます。一方で光スイッチなど巨額の費用がかかることも事実。

ゆえに、友好国や企業間の国際協調型研究開発を狙っていると思います。通信分野の国際宇宙ステーションのようなものですね。
この資本提携により、ドコモからの調達が増え、日本の雇用を増やす効果を狙う。ドコモは電波料金分は日本に還元する義務がある。ガラパゴスで独占することでとも十分に市場はある。まずは一歩からですね。
米中冷戦は意外と長く続くと予想され、日本のガラパゴス化戦略は意外と正しいかもしれない。ある程度の国内回帰は進めるべきでしょうね。
O-RANベースで構築しているキャリアは、検討段階や試験を除けば、楽天だけだったと思います。
NTTはO-RANの5G基地局で20%のシェアを目指すみたいですが、それにはO-RANを採用するキャリアが増えないと、小さな市場での競争になってしまうかも。

ORAN AllianceにHuaweiは参加していない。必然的に一番のハードルとなりそう。
同質のものが協力しても、そこから異質なものは生まれません。

逆に、同質化が加速するだけではないでしょうか?

つまり、ガラパゴス化が加速すると予測します。

それを防止するには、異質なものを入れるべきです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
NECはOpen RANへの移行促進に少なくとも3年以上前から動いていた。Huaweiの問題で突然やり始めた訳じゃないから
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.62 兆円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
8.79 兆円

業績